三洋のプリンスが注ぐ住宅設備革命“大河の一滴”《中国を攻める》


 その過程を振り返り、潮田会長はある変化に気がついた。

「取引先を表に書き出してみると、限りなく100%に近い全国の建築業者が弊社グループと関係を持っている。統合当初にシナジーとして考えていた生産性の向上だけでなく、もっと新しいビジネスモデル、サッシやトイレといった事業ごとでない、もっとインテグレートされたビジネスができるのではないか」

その具現化への第一歩が、今年1月に発表されたグループ統合ブランド「リクシル」である。トステムやINAXという各事業会社のブランドは存続させる一方、各ブランドの国内外のショールームはリクシルを冠した形に再構成する予定だ。

井植副社長はリクシルを“箱”に例える。トステムやINAX、アメスタといった一つひとつのブランドをダイヤモンドだとすると、リクシルはダイヤを入れる宝石箱。それぞれの事業会社が持っている輝きを相互に関係させることで最大限に引き出すことができる、というわけだ。

そして、この新モデルは日本よりも中国でこそ通用すると井植氏は見ている。中国のショールームは、日本のように高機能品から並べるのではなく、生活シーンごとにさまざまな価格帯の商品を組み合わせて展示している。実際に生活する際のイメージを重要視している表れだろう。

しかし、展示内容はもっぱら、バスルームだけだったり、キッチンだけだったり。「一つの家としてコンセプトを打ち出せているショールームはまだ一つもない」(井植氏)。インテグレートされた「総合力」を武器とする住生活Gだからこそ取り込むことのできる潜在需要がそこにはある、というのだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT