三洋のプリンスが注ぐ住宅設備革命“大河の一滴”《中国を攻める》


 潮田会長が描く住生活Gの青写真は「国内2兆円、海外1兆円の売り上げ規模を持つメーカー」。09年3月期の同社の海外売上高は100億円強にとどまり、その道のりは決して平坦ではない。

それでも井植氏は「CEOが1兆円と言ったのならば、それはビジョンではなくミッション」と言い切る。沿海部での第1戦では後れを取ったが、より大きな市場が広がる内陸部はアメスタの販売網を得た、これからが勝負。一方で、所得の上昇に応じて内装付き住宅の比率が高まる沿海部では工務店ルートでのハイエンド品拡販も同時進行させる。

井植氏という“一滴の水”が住生活Gにいかなる変化をもたらし、果ては世界の住宅産業を変える奔流となりうるか。中国市場は間違いなく、その試金石となる。

■住生活グループの業績予想、会社概要はこちら

(猪澤顕明 撮影:尾形文繁、吉野純治 =週刊東洋経済2010年2月27日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング