三洋のプリンスが注ぐ住宅設備革命“大河の一滴”《中国を攻める》


 潮田会長が描く住生活Gの青写真は「国内2兆円、海外1兆円の売り上げ規模を持つメーカー」。09年3月期の同社の海外売上高は100億円強にとどまり、その道のりは決して平坦ではない。

それでも井植氏は「CEOが1兆円と言ったのならば、それはビジョンではなくミッション」と言い切る。沿海部での第1戦では後れを取ったが、より大きな市場が広がる内陸部はアメスタの販売網を得た、これからが勝負。一方で、所得の上昇に応じて内装付き住宅の比率が高まる沿海部では工務店ルートでのハイエンド品拡販も同時進行させる。

井植氏という“一滴の水”が住生活Gにいかなる変化をもたらし、果ては世界の住宅産業を変える奔流となりうるか。中国市場は間違いなく、その試金石となる。

■住生活グループの業績予想、会社概要はこちら

(猪澤顕明 撮影:尾形文繁、吉野純治 =週刊東洋経済2010年2月27日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。