「チーズタッカルビ」ブーム作った男の凄い商才

大事なのは「多少の浮き沈み」は気にしないこと

日本に「チーズタッカルビ」ブームを巻き起こした男の正体とは? (写真:kouta/PIXTA)
東京の観光地・新大久保は、人気フードが生まれる街としても有名だ。例えば、「チーズハットグ」や「チーズタッカルビ」が新大久保での人気をきっかけに、全国的なブームに発展した。今回はそのブームの立役者の姿を追ってみた。ライターの室橋裕和氏による『ルポ 新大久保 移民最前線都市を歩く』より一部抜粋・再構成してお届けする。

新大久保でいま最大のヒット商品はもちろん、ハットグだ。この韓国風のアメリカンドッグを求めて、というより写真を撮ってSNSに載っけるために、日本人女子が大挙する。

新大久保最大のヒット商品「チーズハットグ」(写真:ささざわ/PIXTA)

「韓国では前から、ハットグは手頃なジャンクフードとしてよく食べられてたんですよ。アメリカンドッグに砂糖をまぶして、ケチャップとかハニーマスタードとかつけて。1000ウォン(約100円)くらいで安くてね。それに伸びるチーズを入れたものが出て、SNS映えで人気になったのが5年くらい前かな。どんどん店が多くなって、具やソースもいろいろバリエーションが増えていったんです」と話すのは金泰林(キム・テリム)さん。

「アリランホットドック」を切り盛りする金泰林さん(写真:筆者撮影)

来日10年になるニューカマーだ。大人気ハットグ店のひとつ「アリランホットドック」を切り盛りする。大久保通りの路面店に立ち、「おいしいよー、食べてってねー」「おいしくなかったらお金はいりません!」なんて客を呼ぶ。中高生くらいだろうか、女の子たちが行列をなし、おじさんとしては居場所がなく、挙動不審におろおろしてしまう。そこへ店のアルバイトの韓国人のイケメンが、さわやかな笑顔でドッグを差し出してくれたのだ。

「ハットグ」が女子の心をつかむ理由

「店でいちばん人気のポテトレーラです」

中心の棒にモッツアレラチーズを巻きつけて、角切りのポテトを衣代わりにして揚げた、なかなかボリューミーなやつだ。店頭に置かれたココナツパウダーとか、きな粉とかをお好みでまぶすとおいしいのだという。

「あっ、ボクがやりますね。両方つけるのがおすすめなんです」

イケメンはかいがいしいのであった。あつあつのポテトレーラにパウダーをつけて、改めて「どうぞ」なんてやさしい笑顔。この街にハマる女子の気持ちが少しわかるような気がした。

次ページ「1日で2000個」売れた記録も
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT