世界の旅行業界、最大4600万人の雇用喪失も

旅行・レジャー関連業界で働く人々は8770万人

米航空業界団体の航空輸送アクショングループ(ATAG)は30日、新型コロナウイルス禍の打撃によって、世界の旅行業界で最大4600万人の雇用が喪失する可能性があるとの試算を示した。北京の空港で25日撮影(2020年 ロイター/CARLOS GARCIA RAWLINS)

[パリ 30日 ロイター] - 米航空業界団体の航空輸送アクショングループ(ATAG)は30日、新型コロナウイルス禍の打撃によって、世界の旅行業界で最大4600万人の雇用が喪失する可能性があるとの試算を示した。

ATAGは、旅行需要の落ち込みや緩慢なペースでの回復によって、内訳では航空業界で480万人、直接・間接的に旅行・レジャー関連業界で働く8770万人の半分超が職を失う可能性があるとの見通しを示した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT