中国「実験段階ワクチン」の数万人接種は安全か

治験完了前「明らかな副作用は皆無」と説明

9月16日、中国は新型コロナウイルスのワクチン開発で、臨床試験(治験)が完了していない段階で市民数万人に緊急接種する方法を採用している。写真はカンシノ・バイオロジクスなどが開発中のワクチン。武漢で3月撮影。(2020年 ロイター/China Daily)

[上海/シンガポール 16日 ロイター] - 中国は新型コロナウイルスのワクチン開発で、臨床試験(治験)が完了していない段階で市民数万人に緊急接種する方法を採用している。供給を確保したい外国からも関心が寄せられているが、専門家の間では安全性を懸念する声が出ている。

中国は7月、中国医薬集団(シノファーム)傘下の中国生物技術(CNBG)および、バイオ医薬品シノバック・バイオテック(科興控股生物技術)が開発するワクチン3種類について緊急使用計画を開始。カンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)<6185.HK>が4種類目のワクチンを開発中で、6月に中国軍での使用が認められた。

政府は公式データを公表せず

緊急接種の対象は医療、運輸、食品市場などの労働者。政府は接種件数などの公式データを公表していない。

しかしCNBGとシノバックは、少なくとも数万人が接種を受けたことを確認。CNBGはまた、同社が数十万錠を提供したとしている。同社のワクチンの1つは、1人当たり2、3回接種する必要がある。

中国は公的な職や高いポストに就く人々が率先して接種を受けることで、市民の支持を醸成しようとしている。シノバックとシノファームの最高経営責任者(CEO)や軍の調査責任者などが、早い段階で接種を受けた。

中国疾病予防コントロールセンター(CCDC)の安全性責任者、Guizhen Wu氏は今週、4月に接種を受けたと明かした。同氏は国営テレビで「今のところ、ワクチン接種を受けた人の中で新型コロナの症状が出た人はいない。今のところ(接種プログラムは)非常にうまくいっており、副作用は見られない」と述べ、早ければ11月にも一部ワクチンが実用化できる可能性を示した。

CNBGも先週、接種後にリスクの高い国や地域を訪れた数万人の中から、感染者は1人も出ていないと説明。「明らかな副作用も皆無だ」としている。

次ページ安全性への懸念
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT