「脳食いアメーバ」少年2人を殺した生物の恐怖

たいていの患者は「感染から5日後」に死亡する

脳を食べるアメーバ、フォーラーネグレリア(学名ネグレリア・フォーレリ)の3Dイラスト(写真:Dr_Microbe/iStock)
湖やプールなどの淡水に棲み、鼻から入って脳を餌にするアメーバがまた出現。アメリカで少年2人が犠牲になった。

アメリカで2人の少年が脳を食べるアメーバに感染して死亡した。テキサス州のジョサイア・マッキンタイア(6歳)は発症の約1週間後に亡くなり、フロリダ州のタナー・レイク・ウォール(13歳)は、湖で泳いだ日から数日後に死亡。湖でアメーバに感染したとみられている。

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

この2人の死亡に先立って、インドの屋内プールで泳いだ後、同じアメーバに感染して死亡した44歳の男性の例がニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)で報告されていた。この症例を発表したのは、サンタクララバレー医療センターの医師だが、診断と治療がどこで行われたかは明らかではない。

3人の死の原因となったのは、フォーラーネグレリア(学名ネグレリア・フォーレリ)というアメーバだ。

フォーラーネグレリアは、湖、川、温泉などの淡水でよく見られる単細胞生物だ。また水の塩素消毒が十分ではないプールや、汚染された水道水にも生息していることがある。

このアメーバは通常、鼻から人体に侵入する。そして脳に到達すると、原発性アメーバ性髄膜脳炎を引き起こす。これは中枢神経系の病気であり、脳とその周辺に炎症を引き起こし、破壊する。患者はたいていの場合、感染から5日後に死亡する。

患者の反応がおかしい

原発性アメーバ性髄膜脳炎は非常にまれな病気だ。米疾病管理予防センター(CDC)の2018年の報告書は、アメリカにおけるフォーラーネグレリアの死者数は年間16人程度と推定する。

44歳の男性は救急病院に到着した時点で、激しい咳に苦しみ、意識は混濁していた。症状は救急搬送される前日から現れていた。そしてその5日前に泳いでいたことが明らかになった。

次ページ北米で知られた生存者は5人だけ
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT