1964年のラスベガス、思いもかけない旅の記憶

夜の砂漠に浮かび上がる彼の地は幻想的だった

56年前のラスベガス旅行、それは忘れがたい旅となった(イラスト:LEON編集部)
サンタモニカからラスベガスまで約300マイルのクルマ旅。目的地までは、うねり道やアップダウンする砂漠の一本道である。そのなかで遭遇した素晴らしい景色とは?

1964年、降って湧いたラスベガスへの旅

僕が初めてLAに行ったのは1964年。56年前のこと。

LAの拠点にしたのはサンタモニカだが、とても開放的でフレンドリー。英語もろくに話せない僕を、多くが温かく受け容れてくれた。

本記事はLEON.JPの提供記事です

サンタモニカの隣町であるベニスビーチに友人が住んでいたが、彼が紹介してくれたアメリカ人女性を起点に、アッと言う間に友達の輪は拡がっていった。

彼女の名はエレイン。50才くらいで、友人曰く「日本大好きで、面倒見いいから紹介するよ」とのことだったが、そのとおりだった。

初めての週末、彼女の家で僕のためにパーティーを開いてくれた。そして、パーティーに集まった多くの人たちを紹介してくれた。

ラスベガス行きは、そんな流れで知り合った男性に誘われてのこと。30代半ばくらいで、広告代理店関係の仕事をしていると聞いた。クルマ好きということで、すぐ打ち解けた。

名はロバート。すぐ「ロブ」と呼ぶことに。ファミリーネームは忘れた。

エレインの家には毎日1度は寄っていたが、パーティーで紹介された数日後、エレインからこう告げられた。「ロブから連絡があって、ラスベガスに遊びに行くんだけど、一緒に行かないか?」と……。

僕は間髪入れずに、「行きます。連れて行ってほしいと伝えてください!」と答えた。

ラスベガスにはとても行きたかったのだが、予算の関係もあって諦めていた。そこに願ってもないお誘い!!

翌日、エレインの家でロブと会った。「週末1泊でGFとベガスに遊びに行くんだ。なので、ホテルは別に部屋をとってほしい。ベガスに着いたら基本別行動で朝食だけ一緒……で、いいかなぁ」とのことだった。

むろん異論などない。基本別行動の方が自由に動き回れるので、むしろ願ったりだ。

次ページ「GFと一緒なのに……いいのかな?」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT