1964年のラスベガス、思いもかけない旅の記憶

夜の砂漠に浮かび上がる彼の地は幻想的だった

ラスベガスには4回行っている。いちばん最近は2012年。この時は飛行機で行った。あとの3回はいずれもLA起点のクルマの旅。

ところが、「未知との遭遇」感、2回目には「さほど」、3回目には「ほとんど」感じなくなった。

なぜ……理由は簡単だ。時を重ねる毎にラスベガスの街は大きくなり、街の裾野が郊外まで拡がっていったから。

1964年のラスベガスの街の佇まいは「カットイン」的だったが、大きくなるにつれて「フェードイン」的佇まいに変容していったということだ。

ラスベガスが「砂漠の中の不夜城!」であることに変わりはないし、時と共にきらめきはさらにさらに増している。

でも、1964年……砂漠の闇の中を走るシボレー・ベルエアの中での体験……「燃えるUFO 」に突然遭遇したかのような異次元感覚を味わえたのは「自慢できる!」体験だった。

憧れの地で味わった素晴らしい現実

初めてのラスベガスをどう過ごしたか……にも、簡単に触れておこう。

ロブは僕を予約したモーテルで降ろしてくれた。あとは自由。僕はひたすら歩き回った。

ギャンブルに興味はないが、ラスベガスでカジノを見ないなんてありえない。で、カジノにも入り、クォーター(25セント)でスロットマシーンも試した。

観たいショーもあったが、高くて手が出ない。

「次は必ず」と心に念じ、看板だけ見上げていた。

ロブたちはいいホテルに泊まった。でも、朝食だけは彼らのホテルで共にした。なので、ラスベガスの高級ホテルの一端を垣間見られたのはラッキーだった。

ロブたちのホテルのロビーで会うことを約束して、朝食後は再びフリーに。ただ街を歩くだけだったが、楽しくて仕方がなかった。

昔のラスベガスは「大人の街」だった。今はテーマパークや遊園地のようなホテルも多く、子供たちが楽しむにも事欠かない。だから、家族連れが多い。今昔の大きな違いだ。

「往復の時間と朝食以外は、お互い完全にフリー」というロブのプランは文句なし。1泊だけのラスベガスだったが、最高に楽しめた!

僕のためにパーティーを開いてくれたエレイン、出会ったばかりの僕をラスベガスへの旅に誘ってくれたロブ、僕を泊めてくれた人……サンタモニカで知り合った人たちはみんな優しくてフレンドリーだった。

僕は中学生になった頃から、アメリカに、中でも南カリフォルニアに憧れを抱いていたが、憧れは現実になった。予想よりも、期待よりもずっと素晴らしい現実だった。

世界1周旅行の最初の目的地だったLAには1週間の滞在予定だった。でも、1カ月に伸びた。それでもまったく足りなかった。

(文:岡崎宏司/自動車ジャーナリスト)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT