コロナワクチン、12月までに臨床データ獲得も

米コロナ対策を率いるファウチ所長が「明言」

米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は2日、新型コロナウイルスワクチン臨床試験の参加率を踏まえ、11月か12月までにワクチンの安全性や効果に関する十分な臨床データを得られるという見通しを示した。7月代表撮影(2020年 ロイター)

[ニューヨーク 2日 ロイター] - 米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は2日、新型コロナウイルスワクチン臨床試験の参加率を踏まえ、11月か12月までにワクチンの安全性や効果に関する十分な臨床データを得られるという見通しを示した。MSNBCとのインタビューで語った。

ファウチ所長は同時に「それ以前にワクチンに関する答えを得られる可能性があるかと問われれば、あり得るだろう」とも述べた。

また、米国は「集団免疫」の獲得は目指していないと強調。「感染の発見、隔離、接触の追跡を通じて可能な限り感染を抑制するというのが基本戦略だと、これまでも明確にしている」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT