池上彰が解説「総理大臣という仕事の基礎知識」

分刻みで予定をこなすハードな「役割」の実際

(イラスト:ケン・サイトー)

多忙な日々を送る、日本の総理大臣の「役割」は、大きく3つに分けられます。

1つ目は、「内閣のトップ」として国の方針を決めることです。「内閣」とは「大臣たちの集まり」。日本の政府として大事な方針を決めるときには、内閣の会議である「閣議」を開き、正式に決定します。総理大臣は、この閣議に参加する大臣たちを任命します。大臣に不祥事などが起きたとき、総理大臣はその大臣を辞めさせる(罷免)こともできます。

2つ目は、「政党のトップ」という役割。総理大臣は、国会議員の多数決で選ばれます。通常は、国会の与党第一党のトップが総理大臣に選ばれることになります。

3つ目は、「日本のトップ」という役割。例えば、国民がノーベル賞を受賞したり、オリンピックで金メダルを獲得したりしたときなどには、その栄誉をたたえます。

総理大臣の「任期」

総理大臣は、なぜ国会議員が選ぶことになっているのか。それは、総理と国会との関係を重視しているからです。

総理は原則として「与党第一党のトップ」ですから、内閣が法案を提出すれば、与党第一党の議員は全面的に協力します。これで、総理と国会の関係は良好となり、総理の仕事はスムーズに進むと期待できるわけです。

次ページ総理大臣はどんなときに交代するのか
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT