外資系コンサルで4カ月仕事がない男性の苦悩

会社は「空気の力」で社員に転職を促してくる

情報を寄せた男性。資格の勉強をして過ごしている(写真:弁護士ドットコム)

新型コロナウイルスの影響で、人員削減に踏み切る企業も出ている。その中には、仕事を与えずに労働者を追い込み、自主的な退職をうながすケースもあるようだ。

弁護士ドットコムニュースのLINEには、4大監査法人で働く男性から「4カ月以上『アベイラブル』で仕事を振られておらず、職場から放置されている状況です」と情報が寄せられた。

男性は「長期で仕事がない状態が続き、精神的苦痛が激しく7月中旬以降はまったく集中できない状態になっています」と不安にかられている。

「空気の力」により転職を促す

「アベイラブル」とは、コンサルタントが一つのプロジェクトを終えてから次のプロジェクトに参画するまで仕事がない期間のこと。

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

男性はプロジェクトから離れた後、新型コロナウイルスの影響で在宅勤務となり、4カ月以上「アベイラブル」の状態だ。現在はチーム会議などもなく、毎日資格の勉強やビデオ研修などをして過ごしている。

現時点で給与は通常どおり支給されているが、人事評価に「稼働率」が設定されているため、プロジェクトに配属されない場合は評価が下がることになる。

男性は「給与が通常通り出ることも、職場での居づらさにもつながっています。『空気の力』により転職を促すシステムで、解雇された場合にキャリアへの影響を考えると恐怖を覚えます」と無力感を抱いている。

次ページ外資系企業でも日本では日本の労働法が適用
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT