青山と銀座、高級商業地で進む「テナント離れ」

相次ぐ退去、銀座の空室率は7%台の可能性も

緊急事態宣言中の銀座。6月以降は人通りが戻りつつあるが……(撮影:尾形文繁)

東京メトロ表参道駅から渋谷方面へ進むと、青山学院大学手前から南東に伸びる道路が見える。「骨董通り」と呼ばれる区間である。高級商業地・青山の一角を占め、沿道には瀟洒(しょうしゃ)な店舗や外資系ブランドが立ち並ぶ。

都内で店舗の仲介や市場調査を手がけるゼン・ランドの真木拓也専務取締役は、「骨董通りはブランド力がある一方、(青山のほかの通りと比べて)通行量が少なく、売り上げは立ちにくい。景気変動が起こると、骨董通りの不動産相場は最初に影響を受ける」と指摘する。

骨董通りは不動産業界に景気の波をいち早く知らせる存在。いわば炭鉱ならぬ「商業のカナリア」というわけだ。

水面下で進む店舗の退去

コロナを受けて、そのカナリアが鳴いている。そして、その鳴き声はリーマンショックよりも大きい。

骨董通り沿いに店舗を構える不動産業者は「緊急事態宣言の発令後、テナントからの解約通知が増えている。通常なら(希少性の高い)路面店はなかなか空きが出ないが、『3カ月後に退去する』という問い合わせも来ている」と打ち明ける。新たに入居するテナントも様子見モードが続き、空室の埋め戻しは限定的だという。

かつては骨董品が集まる通りだったが、現在はアパレルショップやカフェが目立つ(記者撮影)

骨董通り沿いで今治タオルの販売を行っていた「クレシェンド」は、7月末をもって路面店を閉めた。担当者は「緊急事態宣言中に閉店を決断した」と話す。骨董通りの賃料は青山通り至近の路面店なら坪あたり10万円を超え、青山通りから遠ざかった場所でも賃料は高水準だ。通りを歩くと、テナント募集の貼り紙が目につく。

表向き営業を続けていても、水面下では撤退が決まっている例も少なくない。「あそこも年内に退去する」と噂されているのは、骨董通り近くの路地で長年営業を続けてきた、ある外資系ブランドだ。店頭には閉店を告げる貼り紙は見当たらなかったが、すでに賃貸借契約の解除に向けて動き出しているようだ。「(ブランドの)マイナスイメージを最小限に抑えるため、閉店の事実は直前まで公にされず、店舗スタッフにも知らされない」(ゼン・ランドの真木氏)。

次ページ商業REITも大苦戦
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT