あま~いけど、実はちょっとほろ苦い「チョコレートスパークリング」の意味《それゆけ!カナモリさん》

あま~いけど、実はちょっとほろ苦い「チョコレートスパークリング」の意味《それゆけ!カナモリさん》

 

■話題沸騰のチョコレートスパークリング

 1月19日の発売のサントリー「チョコレートスパークリング」が話題だ。実は話題に乗っかるのは嫌いじゃない。

 まずは月並みに試用レポートから始める。封を開け、グラスに注いだ瞬間から強烈なチョコレートの香りが広がるのに驚かされる。飲んでみると甘い味わいと香りで本当にチョコレートを食べている(飲んでいる)ような感覚に陥る。それでいて、成分表記の注意書きを見ると「チョコレートは使用してしておりません」とある。スゲー、サントリー。

……と、これまた月並みに、様々な人がBlogやSNS、Twitterで書いているような感想を抱いた筆者だが、気になる。サントリーの狙いは何だろうか。

昨年12月22日に発表された、サントリーのニュースリリースを見ると、バレンタインシーズンにぴったりの、新しい味わいの炭酸飲料ですとある。間違いなく、季節限定商品。

季節限定の炭酸飲料といえば、サントリーがペプシブランドで年1~2回展開する「変わり種ペプシ」はすっかり市場に定着したといえるだろう。昨年は「和」テイストにこだわって、「しそ」と「あずき」であった。その味には賛否両論(筆者は結構好きだ)あるものの、サントリーの担当者はメディアの取材に対して「(話題づくりのためなので)2本目を買ってもらおうと思ってはいない」と言い切っている。

変わり種ぺプシの売上目標は30万ケース。ペプシブランド全体の目標販売数3000万ケースからすると、わずか1%しかない。しかも、ペプシブランドを使用するため、米国ペプシコとの調整は繁雑を極め、商品化まで1年以上を要するという。

話題づくりを手っ取り早くやるには、サントリー独自ブランドで展開することだ。今回の「チョコレートスパークリング」に先行すること約2カ月。11月2日にニュースリリースが配信され、同24日から期間限定された「ラブモードジンジャー」という商品をご存知だろうか。リリースには、“クリスマスムードが高まる季節に、恋愛気分を盛り上げる大人の炭酸飲料”をコンセプトに開発した、カロリーゼロのジンジャーエールですとあった。派手なボトルのパッケージと、ピンク色のジンジャーエールらしからぬ色合いが多少話題になったものの、今回のチョコレートスパークリングほど大きな話題にはならなかった。

そして恐らく、2カ月のタイムラグであれば、この二つの商品はほぼ同時に商品開発が行われていたはず。今回のチョコレートスパークリングの成功によって、話題づくりという目的からすると、「一勝一敗」という結果だったというところだろうか。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT