「ポテサラおじさん」ドイツでは有りえない理由

「母親への要求が高すぎる」日本のモヤモヤ

冒頭で紹介した事件のように、妊婦をターゲットとした嫌がらせや暴力行為が後を絶たないため、日本ではマタニティーマークをつけることに不安を抱いている妊婦も多いようです。

ドイツはというと、実はマタニティーマークがありません。これは決して妊婦に冷たい社会というわけではありません。

電車やバスなどの公共交通機関で妊婦だとわかれば、女性も男性も積極的に席を譲ります。そうはいってもパッと見て妊婦であるか否かの判断が難しいのはドイツも同じです。ではマタニティーマークのないドイツではどうしているのかというと、妊婦が自ら座っている人に話しかけます。

「妊娠しているのですが、すみませんが譲ってもらえませんか?」と。筆者もミュンヘンの地下鉄で何回かこの光景を見ましたが、言われたほうは“Aber natürlich!(「もちろんです!」)”と満面の笑顔で席を立つので、見ていてほのぼのとします。

子育て女性にもっと優しくしませんか?

日本の感覚だと、女性自ら「私妊娠しているので、席を譲ってもらえませんか?」と話しかけるのは違和感があるかもしれませんが、ドイツはもともと公共交通機関などで知らない人同士で会話をするのはごく普通のことですし、困った時に知らない人に声をかけることも普通です。

そういった背景があるため、ドイツではマタニティーマークの需要はなく、それよりも「会話」が重視されています。妊婦さんに限らず、何かをしてほしい時は、自分の口で述べて会話をすべきだ、というのがドイツ社会のコンセンサスなのです。

今の日本は「子育ては女の仕事」だと考える人が多い一方で、実際に子育てをする女性はきつく当たられるという何とも理不尽な社会です。子を持つ女性だって同じ人間である――そのコンセンサスが日本社会で欠如していることが冒頭の事件のような暴走中年やポテサラおじさんを生み出しているのではないでしょうか。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。