「何をしたいか」が定まってない人は大成しない

出口治明×尾原和啓「歴史がなぜ面白いのか」

尾原:「世界中の情報を有機的につないで、どこからでも誰でも使えて便利にする(Our mission is to organize the world’s information and make it universally accessible and useful)」というのがグーグルの理念ですね。

出口:はい。どこで見たんだろうと思い出してみたら、昭和20年代の終わりに、日本図書館協会がつくった理念にとても近いのです。

つまり、図書館はグーグルと一緒なんです。世界の知恵を集めて、誰でもいつでも利用できるようにする。そのときに思ったのは、グーグルはなんで伸びたのかといえば、彼らの理念ややりたいことが非常にソーシャルで、人々の琴線に触れたんだなということでした。やっぱり何をしたいのかというところが決定的に大事であって、インターネットはあくまでツールにすぎないわけです。

将来予測は誰にとっても難しい

出口:インターネットがこの先どのように便利になっていくか、僕には想像できないというのは、苦い経験があるからです。ライフネット生命を2008年に始めたとき、僕が考えたのは、保険の本質は子育ての期間のリスクヘッジだということでした。

尾原:子どもが巣立つ前に自分にもしものことが起こったら、子どもを育てられないかもしれない。

出口治明(でぐち・はるあき)/1948年、三重県に生まれる。京都大学法学部卒。1972年、日本生命保険相互会社入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退社。同年、ネットライフ企画株式会社を設立、2008年にライフネット生命保険株式会社と社名を変更し、社長に就任する。12年上場。社長、会長を10年務める。2018年、立命館アジア太平洋大学(APU)学長に就任。

出口:せっかく赤ちゃんが生まれても、自分がすぐに死んでしまったら、教育もできない。だから、おもなターゲットは30歳であるべきだと考えて、30代の所得を調べたら、平均で300万円くらいでした。ところが、大手の生命保険会社が売っている商品の保険料は毎月1万5000円から2万円くらいしていた。

尾原:若い人が1万円、2万円出せるのかと。

出口:出せない。ならば、保険料を半分にするしかない。保険料を半分にして、安心して赤ちゃんを生んでもらおうと思ったときに、保険料を半分にする手段はインターネットしかなかった。そう思って始めたのですが、そのときは、スマホがまだなかった。

尾原:パソコンで簡単に見積もりができて、シミュレーションできて、すぐに保険の申し込みができるというのが画期的でした。

出口:そこにスマホが出てきた。どうしようかと考えたときに、こんな小さいもので保険を申し込む人なんているはずがない、と考えたんです、僕もパートナーの岩瀬大輔も。

尾原:えー、意外です。そうだったんですね。

出口:そこで、スマホは資料請求に寄せることにしました。ところが、ファクトはどうかといえば、いまはスマホ経由の申し込みのほうが断然多いわけです。こんな小さいことを予測、判断できなかった僕に、将来のことなんかわかるはずがないと。

尾原:いやいや(笑)。

次ページ「何をしたいのか」という理念が大事
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT