米アップル1─3月期は4.6%増収

iPhone販売好調、株式分割も発表

 4月23日、米アップルが発表した1─3月期決算は、売上高が4.6%増の456億ドルとなった。写真は同社のロゴ。サンフランシスコで昨年11月撮影(2014年 ロイター/Stephen Lam)

[サンフランシスコ 23日 ロイター] - 米アップルが23日発表した1─3月期決算は、売上高が4.6%増の456億ドルとなった。市場予想の約435億ドルを上回り、年末商戦期以外の四半期としては過去最高を記録した。

同社はまた、2015年末までにさらに300億ドルの自社株買いを行うとともに、株式1株を7株にする株式分割を実施すると発表した。株主への利益還元要求に応えるとともに、アップル株の魅力を個人投資家にも広める狙いがある。

アップルは四半期配当を約8%引き上げ、1株3.29ドルとすることもあわせて明らかにした。

1─3月期のスマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)「iPhone(アイフォーン)」の販売台数は17%増の4370万台。3800万台程度を見込んでいた市場予想を大きく上回り、売上高を押し上げた。

ルカ・マエストリ最高財務責任者(CFO)はロイターに対し、アイフォーン販売は幅広い市場で増加したとしたが、とりわけ日本、大中華圏(グレーターチャイナ)で販売が伸びたと明らかにした。NTTドコモ<9437.T>、中国移動(チャイナ・モバイル)<0941.HK>が最近アイフォーン販売を開始したことが追い風となっている。

台湾、香港を含むグレーターチャイナの売上高は13%増の92億9000万ドル。日本は26%増の39億6000万ドルだった。

決算発表を受けて、アップル株価は時間外取引で7%急伸し、561.51ドルをつけた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT