新宿駅、自由通路完成で「私鉄の近道」消える?

小田急・京王から中央東口へJR改札内を通過

JR新宿駅の東西自由通路は、2012年から整備が開始された。東西の移動が不便な状況を改善し、回遊性や利便性を向上させる一大プロジェクトだ。通路部分を拡幅したのに加え、改札内のスペースも拡張して地下空間を広げた。24人乗りの大型エレベーターも設置し、車いすの人や足の状態が悪い人にも、楽に改札階とホーム階の移動ができるようにした。

すでに9・10番線(中央本線特急)、13・14番線(山手線内回りと中央・総武線各駅停車千葉方面)の各ホームにはエレベーターが設置されており、今後6月28日には15・16番線(山手線外回りと中央・総武線各駅停車三鷹方面)、7月中旬には11・12番線(中央線快速高尾方面)の各ホームにも設置される。

東西自由通路の完成と改札内の歩行空間が広がることで、ラッシュ時の人の流れもスムーズになるだろう。エレベーターの充実でバリアフリーへの対応もこれまでより向上し、多くの人にとって使いやすい駅になる。こういったポジティブな変化が、東西自由通路整備の真の狙いである。

東口がゆとりある空間に

東西自由通路の完成により、新宿駅東口周辺にはさらに多くの人が流れ込んでくることをJRは予測している。

新宿駅東口の交番前。柵が設けられ、周辺で工事が進んでいるのがわかる(撮影:梅谷秀司)

今も(少なくともコロナ禍前までは)、東口周辺は終日混雑しており、とくに平日の夕方や土休日は駅入り口のあるビル「ルミネエスト」の周辺に待ち合わせなどの人々が大勢集まる。これまでは広場内に車道があったため、横断歩道の手前で人が滞留しやすい傾向があった。

その状況を改善するため、東口駅前広場では車の動線を変更し、歩行者空間を拡張する工事も同時に進めてきた。こちらも7月中旬に完成する予定だ。歩行者のためのスペースが広がることで人の流れがスムーズになり、混み合っているイメージの強い東口もゆとりある空間になるだろう。

東西自由通路の開通を契機として回遊性が向上し、駅周辺は現在よりも歩きやすくなる。その中で、私鉄各線から中央東口への通り抜けといった、これまでの新宿駅の「作法」も変化していくことになるだろう。利用者の声に耳を傾けながら、さらに便利な駅になるよう整備が進むことを望みたい。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT