「ラン活」大詰め、コロナ禍で選び方に変化

来店は事前予約で客制限、すでに完売商品も

コロナ禍のラン活どうしてますか?(写真:Domani)
コロナ禍の中「ラン活」に悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。数日前に終えた、2021年入学予定のわが家のラン活をご紹介します!

「ラン活」とは、「小学校入学を控えた子供のランドセルを選び、購入するための活動」とされていますが、今回ちょうどその時期にコロナが流行してしまい、予約していたランドセル展示会も中止。百貨店店舗も閉鎖中や縮小営業で、今年はちょっと例年と状況が変わり、どうしよう……と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

私もその1人でしたので、数日前に終えたわが家のラン活をご紹介させていただきます。

まず時期ですが、個人的には「6月中」を目処に購入をおすすめします!理由は、例えば「取っ手」をつけるオプションの締切が6月末の工房があったり、既に今完売してしまっている商品もでてきているからです。

息子の要望は、”全て真っ黒”のランドセル

わが家は来年小学校にあがる第一子が男の子なので、色は「黒」と事前に決めていました。

色は「黒」と決めていました(写真:Domani)

5月下旬頃に家族でオンライン上の画像をいろいろと見ているうちに、息子が「ぜんぶ真っ黒のランドセルがかっこいい!」と意見をしてくれたので、背当て部分も中身も全て黒のランドセルをオンライン検索し、いくつか絞りました。

デザインや価格で、最終的に「鞄工房山本」のものがよさそうだという結論に至り、早速来店予約をしました。現在は、だいたいどこの店舗も来店数を限定していて、事前にオンライン予約をいれておかないと入店できません。

次ページ「鞄工房山本」の店舗へ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT