西武ラビュー、鉄道車両「歴代王者」と何が違う?

「ブルーリボン賞」受賞車両それぞれの理由

ちなみに、小田急のロマンスカーは1958年に3000形「SE」が初代ブルーリボン賞に選定されて以来、ほとんどの車両が受賞している。

2009年にブルーリボン賞を受賞した小田急ロマンスカーMSE60000形。記念のマークを正面に付けている(写真:HAYABUSA/PIXTA)

2009年に受賞した地下鉄乗り入れ対応の「MSE」こと60000形の評価コメントは、「数々の制約要件をクリアし、既存ロマンスカーの長所を継承した魅力ある新形式車」、2006年に受賞した「VSE」50000形の評価コメントは「新時代の箱根観光のフラッグシップとして発せられる存在感」となっている。

2014年にブルーリボン賞を受賞した近鉄の特急「しまかぜ」50000系(写真:BASICO/PIXTA)

2014年は近畿日本鉄道の豪華特急「しまかぜ」こと50000系が選定された。「特急車両群の中でフラッグシップ車両として位置付けられる」というコメントだ。2011年は「スカイライナー」などで活躍する京成電鉄のAE形で、「成田国際空港への所要時間において、高速運転によって諸外国の主要空港と遜色の無い水準を実現」と評されている。

「水戸岡デザイン」も常連

水戸岡鋭治氏のデザインで人気が高いJR九州の特急列車も、ブルーリボン賞の常連だ。

「かもめ」「ソニック」などに使われるJR九州の885系。2001年にブルーリボン賞を受賞した(編集部撮影)

「かもめ」「ソニック」などで使われる885系は「独自の存在感を目指した本物志向の特急用車両」(2001年)、「青いソニック」として知られる883系は「鉄道にあまり興味のない人にも注目される、このスタイルは当会会員にも当然強いインパクトを与え、大きく評価された」(1996年)という。

次ページ受賞車両は特急や旅客列車に限らず
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT