訂正:米ヤフー第1四半期は小幅増収、ディスプレー広告部門持ち直す

第1四半期はディスプレー広告部門が持ち直す

4月15日、米インターネット検索大手ヤフーの第1・四半期決算は、これまで不振が続いていたディスプレー広告部門が持ち直したことで、若干の増収となった。写真は昨年4月、米カリフォルニア州で撮影(2014年 ロイター/Robert Galbraith)

[サンフランシスコ 15日 ロイター] - 米インターネット検索大手ヤフー<YHOO.O>が15日発表した第1・四半期決算は、これまで不振が続いていたディスプレー広告部門が持ち直したことで、若干の増収となった。

メリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)は最悪の時期が過ぎ、業績の伸びは緩やかではあるものの、安定する時期に入ったとの見方を示した。

ヤフーは第2・四半期の売上高(トラフィック獲得コスト除く)が10億6000万─11億ドルになるとの見通しを示した。市場予想は約10億8000万ドル。

中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングが大幅増収となったことが発表され、ヤフーの株価は急上昇。ヤフーはアリババの株式24%を保有する。

関連ウェブサイトへの手数料支払いを除く売上高は10億8700万ドルとなり、前年同期の10億7400万ドルから小幅増加した。

トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想は、調整済みの売上高が10億7700万ドルだった。

ディスプレー広告部門の売上高(関連サイトへの手数料支払い除く)は4億0900万ドル(訂正)。前年同期比で2%のわずかな増収を確保した。この部門は減収が数四半期続いていた。

純利益は3億1160万ドル(1株当たり0.29ドル)。特別項目を除く1株利益は0.38ドルだった。

ヤフーがIR情報としてウェブサイトに掲載したところによると、アリババの2013年第4・四半期決算は売上高が30億6000万ドルで、前年同期比66%増加した。

*15日付で配信した記事で英文の訂正により7段落目のディスプレー広告部門の売上高を4億5300万ドルから4億0900万ドルに訂正します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT