70・80代のカリスマ「インスタグランマ」の迫力

自粛生活にもキラリと光るセンス

インスタグランマの内藤朝美さん(左)と木村眞由美さん(右)(写真:週刊女性PRIME)
前向き、おしゃれ、パワフルでハッピー!  70代・80代の2大カリスマが週刊女性初登場! 共にフォロワー数5万人超えの東西・超人気“インスタグランマ”。グランマたちの「攻めるおしゃれ・楽しむ自粛」とは――?

ファッションは自分を表現するパートナー

インスタグラムは若い世代のものと思いがちだが、年齢を気にせずおしゃれを楽しんだり、こだわりのライフスタイルを日々アップする、シニアのファッショニスタ“インスタグランマ”が脚光を浴びている

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

モデルようなスタイルにハイブランドのアイテムを堂々と着こなす姿が素敵! と話題の内藤朝美さんは、日本を代表するインスタグランマの1人。インスタグラムを始めたきっかけを伺うと、

ファッションが大好きな娘から“私のモデルになって”と、2人のファッションダイアリーを作り始めたのがきっかけ。スタートはブログからです

娘のさおりさんが全身スタイリングし、撮影、ブログの更新。数年前からインスタグラムに移行し、今に至るのも家族の支えがあってこそと語る。“インスタグランマ”と呼ばれ、自分の中にも変化があり、

若いころは引っ込み思案な性格でしたが、インスタグラムを始めたことで、以前よりもチャレンジ精神が旺盛になったと思います。私にできるかしら?と思っていたことでも挑戦してみよう!と思うようになりました」

なによりうれしかったのが、「世界中にたくさんのお友達ができたこと」なのだそう。

もう1人、フォロワーの絶大な支持をうけるのが神戸在住の木村眞由美さんだ。79歳から始めたインスタグラムには、気取らないファッションスタイルがカッコいい!と人気に火がつき、昨年にはスタイルブックが発売されたほどのカリスマだ

インスタなんて聞いたこともやったこともなかったけど、今では、ファッションを撮ることや、毎日、コメントに返事するのがとても楽しい!」(木村さん)

ファッションもSNSも今の時代は年齢関係なく楽しめるように変化しているのだ。

次ページ巣ごもり中も新しいコーデに挑戦
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。