「コロナ」に「人種暴動」沈没するアメリカの元凶

分裂を防ぐのではなくあおるトランプの存在

「大統領は国が直面している困難な現実からこれまで以上に目をそらし、距離をとっているように見える」とトランプに批判的なフロリダ州の元共和党下院議員、カルロス・カーベロは語る。「アメリカが何よりも癒しを必要としている時に、大統領は敵視する人々との間の個人的で些細な戦いに没頭している」。

もちろん、現在アメリカが経験していることは、どんな大統領にとっても困難な状況には違いない。今年はすでに1998年の弾劾決議、1918年の致死性パンデミック、1929年の大恐慌をすべて組み合わせたような国家的トラウマの年となっていたが、今度はそこに1968年の深刻な社会不安が加わったのだから(編集部注:1968年にはキング牧師が暗殺され、アメリカ中に暴動が広がった)。

2020年は国と国民を覆う苦しみが蓄積した結果、アメリカ社会の土台が崩れた年だ、といっても言い過ぎではあるまい。そしてトランプは、国家の分裂を修復する存在ではなく、分裂を象徴する存在となったのだ。

「略奪が始まれば、銃撃が始まる」

ミネアポリスの暴動は、息ができないと叫ぶフロイドの首を警察官が9分近くにわたって膝で押さえつけて死亡させた事件が発端となった。この警察官はその後、殺人罪で起訴されている。

暴動に対するトランプの最初の反応には、国家的な課題に対する同氏の最も本能的な反応がはっきりと現れていた。「略奪が始まれば、銃撃が始まる」。同氏がこうツイートし、軍隊を送ると脅したのは5月29日朝のことだった。

その13時間後、批判が殺到すると、トランプは発言を修正するために新たなツイートを投稿した。「略奪が起きると(一般の人々による)銃撃につながる」と言いたかっただけだ、というのだ。

「私はこのようなことが起きて欲しくないし、昨夜の表現が意味しているのはそういうことだ」と彼は語ったが、トランプに批判的な人々は、このような言い換えに納得していない。

次ページトランプの味方ですら苦言を呈し始めた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT