日産、欧州サッカー連盟の公式スポンサーに

6月から4年間、契約額は非公開

4月7日、日産自動車は、欧州サッカー連盟(UEFA)と公式スポンサー契約を結んだと発表。写真は同社のロゴ。昨年11月撮影(2014年 ロイター/Lucy Nicholson)

[ロンドン 7日 ロイター] -日産自動車<7201.T>は7日、欧州サッカー連盟(UEFA)と公式スポンサー契約を結んだと発表した。フォード・モーターに代わり、6月からチャンピオンズ・リーグなどの公式スポンサーとなる。契約期間は4年間。契約額は明らかにしていない。

日産のグローバルマーケティング・コミュニケーション担当常務執行役員ルー・ドゥ・ブリース氏は、同社がアジアの自動車メーカーとしてトップシェアを目指す欧州など世界中にファンを持つチャンピオンズ・リーグなどのスポンサーとなることにより、多くの人々に日産をアピールすることができる、と説明した。

日産は、2016年にリオデジャネイロで開催される五輪の公式スポンサーにもなっている。

人気記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。