日産、欧州サッカー連盟の公式スポンサーに

6月から4年間、契約額は非公開

4月7日、日産自動車は、欧州サッカー連盟(UEFA)と公式スポンサー契約を結んだと発表。写真は同社のロゴ。昨年11月撮影(2014年 ロイター/Lucy Nicholson)

[ロンドン 7日 ロイター] -日産自動車<7201.T>は7日、欧州サッカー連盟(UEFA)と公式スポンサー契約を結んだと発表した。フォード・モーターに代わり、6月からチャンピオンズ・リーグなどの公式スポンサーとなる。契約期間は4年間。契約額は明らかにしていない。

日産のグローバルマーケティング・コミュニケーション担当常務執行役員ルー・ドゥ・ブリース氏は、同社がアジアの自動車メーカーとしてトップシェアを目指す欧州など世界中にファンを持つチャンピオンズ・リーグなどのスポンサーとなることにより、多くの人々に日産をアピールすることができる、と説明した。

日産は、2016年にリオデジャネイロで開催される五輪の公式スポンサーにもなっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT