米ファイザー、新型コロナワクチン拡大治験へ

独バイオベンチャーと共同、秋までを目指す

米製薬大手ファイザーは28日、開発中の新型コロナウイルスワクチン候補薬について、10月までに拡大臨床試験に移行する見通しだと明らかにした。チューリヒで2018年10月撮影(2020年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[28日 ロイター] - 米製薬大手ファイザー<PFE.N>は28日、開発中の新型コロナウイルスワクチン候補薬について、10月までに拡大臨床試験に移行する見通しだと明らかにした。

この日発表した第1・四半期決算は売上高が8.3%減の120億3000万ドル。市場予想の約118億7000万ドルを上回った。一部の医師が新型コロナ感染症の患者向けに肺炎ワクチン「プレベナー」などをファイザー製品を処方したことから、売上高が1億5000万ドル近く押し上げられた。

一時項目を除いた1株利益は0.80ドルで、リフィニティブのアナリスト予想を0.07ドル上回った。

通期の調整後利益予想は1株当たり2.82─2.92ドルに据え置き、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)が全体の業績に与える影響はほとんどないと述べた。

ファイザーはバイオ医薬ベンチャーの独ビオンテック<22UAy.F>と共同で新型コロナワクチンの開発を行っているが、秋までに緊急的な使用や認可加速が可能になる拡大臨床試験に移行する見込みだと表明。ただ、専門家はワクチンの安全性や効果が判明するには1年以上かかるとしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT