独アディダス、コロナで第1四半期は93%減益

通期見通し非開示、4月中国売販売は回復傾向

 4月27日、独スポーツ用品大手アディダスが発表した第1・四半期決算は93%の減益となった。写真はベルリンで25日撮影(2020年 ロイター/ANNEGRET HILSE)

[ベルリン 27日 ロイター] - 独スポーツ用品大手アディダス<ADSGn.DE>が発表した第1・四半期決算は93%の減益となった。売上高も19%減少し、市場予想を下回った。

第2・四半期は40%の減収になる可能性があるとしている。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う都市封鎖で店舗の閉鎖を迫られていることが背景。

第1・四半期の営業利益は6500万ユーロ。アナリスト予想の2億6300万ユーロを大きく下回った。

大中華圏での売れ残り在庫や、注文のキャンセル、不良債権の引き当て積み増しに関連して約2億5000万ユーロの費用を計上した。

売上高は19%減の47億5000万ユーロ。リフィニティブ・アイコンのデータによると、市場予想は48億5000万ユーロだった。

朝方のアディダス株は1.2%安。

同社は、閉鎖中の店舗の再開時期が不透明だとして通期の見通しを示せないと表明した。

現在、世界全体で同社の店舗の70%以上が閉鎖されている。第1・四半期のオンライン販売は35%増で、実店舗での販売減を一部しか補えなかった。

ただ中国では、店舗の営業再開に伴い、4月最初の3週間に売り上げの回復が進んだという。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。