学費のためパパ活までした16歳が語った"絶望"

家庭内DVと親の離婚・再婚を経た少女の決意

夏休み明けには母親が入院。その頃、家事をしていたのはゆきさんでした。

「朝は5時に起きて姉の弁当を作って、ご飯を作りながら自分の洗濯もまわして、父には殴られて。中学受験もしようとしてたんで、塾から出される莫大な量の課題もこなして。だから『ふつうの奥さんが、DVを受けながら、受験勉強をする』みたいな(笑)。

無理に決まってるじゃないですか。バランスが取れなくなっていって、リストカットもするようになって」

結局、父親が受験間近になって「お金がないから私立はやめて国公立に」と言い出したため、結果はままならず地元の公立中学に通うことになりました。しかし両親からの精神的・身体的虐待は続きます。

中1の5月には「薬を1度にたくさん飲んで血を吐いちゃって」、翌月から3カ月入院。ゆきさんは中学時代、何度も入退院を繰り返しています。中1の終わり頃には、主治医の提案で、全寮制の学校への転入を決めて家を出ました。

浮気の証拠を押さえるため、父の車に仕掛けたもの

父親の浮気には、小さいときから気づいていました。幼稚園の頃からガラケーを与えられていたゆきさんは、父親の携帯や、帰宅時の父の様子を見て、母親以外の女性の存在を察していたといいます。

母親も父の浮気に気づいていたようですが、「母は中卒だったので、子ども2人の養育費用や、わたしの進学費用を考えたら、(離婚したら)自分1人では到底そんなに稼げへんしと思って、たぶん我慢してたのかな」とゆきさんはいいます。

両親は毎日けんかをし、母親がよく父親に手をあげていました。父親と風呂に入ると、母親が引っかいた痕が紫になっているのを、ゆきさんはよく見ていたそう。

けんかの原因は、大体お金のことでした。母親は「十分な生活費を渡してくれなかった」と言っていましたが、ゆきさんが聞いたところ、それなりの額です。母親は金遣いが荒い傾向があったため、父親は余分に渡せなかったのかもしれません。

中2のときは、父親の浮気の証拠集めをする羽目に。当時両親は別居を始めており、離婚が成立したらゆきさんは母親に付いて行くつもりでした。母親は疲弊し切って、父親の浮気については見て見ぬふりでしたが、「完全に黒なのに、金をもらわずに泣き寝入りするのもどうなん」と思ったゆきさんは、探偵を使って証拠を集めようと考えます。

ただし、父の車に携帯電話を仕掛けることを提案したのは、母親でした。当時ゆきさんは精神科に入院していたのですが、彼女と面会した後、父親はいつも「誰か」と会っていました。そこで面会の前に携帯の1台をフル充電しておき、ゆきさんが父の車に乗った際、録音機能をオンにして残していくことに。

そして数日後、父親に「ごめん、車に携帯を忘れてんねんけど、見てくれへん?」と連絡を入れて、携帯を回収したそう。

次ページゆきさんが録音データを書き起こすことに…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナショック、企業の針路
  • トクを積む習慣
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。