「1ドル=100円割れ」の円高になるかもしれない

新型コロナショック一服後にやって来るもの

日本から見ると、どんな株が買われているのだろうか。北野氏は金利や為替と同国のグロース株とバリュー株の関係をあげて説明する。「GAFAのようなグロース株が上がっていく局面では、円安圧力が強まる傾向がある」。

では、どんなときにグロース株が上昇しやすいのか。それは金利上昇局面だ。金利引き締め局面では景気悪化リスクに強いグロース株が買われやすい。逆に言えば、利下げが止ったとき(これ以上の景気の底割れはないと判断されたとき)にバリュー株は買われやすい。

「1ドル=100円割れ時代」が再びやってくる?

『会社四季報』(2020年2集春号)は3月16日(月)発売。書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

では、「この法則」を今の状況にあてはめると、どうなるのか。「2019年までは『利下げ打ち止め=バリュー株』の流れでした。ところが2020年に入りこの局面でFED(米連銀)は利下げすることになり、3月以降はもう一度グロース株が買われる流れになっています」(北野氏)。

アメリカ株が、グロース株を中心として買われ大きく上昇した結果、日本株をアメリカ株で割った「日米相対株価」の値は、戦後70年間で最も小さくなっている。その結果、何が起きているのか。「つい最近まではアメリカの株価が高くなり円安が進んだ結果、本来の実力ベースよりも、かなりの株安・円安が進んでいた」(北野氏)。

では、もし今後、新型ウイルスの影響が一服すればどうなるのか。ドル円相場は、つい最近までは動かないイメージがあるが、平均すると、1年に15%動くことが検証されている。北野氏はドル安円高が日本経済にとってまったくダメではないとしながらも「お金の流れが平時に近い状態に戻ってくると、1ドル=100円割れになってもおかしくない」とする。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。