橋下徹氏「交渉で相手を動かす手法は3つだけ」

自分の目的を達成するのに必要なのは交渉力

さらに、2010年に大阪維新の会を結成して、府議会・市議会において議席を獲得したが、当時、大阪市議会において維新の会は少数与党であり、年度ごとの予算を通してもらうには、他党との交渉が必要だった。こんな具合に、知事・市長としての仕事の大半は「交渉」だった。

職員の側から見ても同じだろう。役所には役所の考え方があり、彼らはそれを実現させたいと思っている。実現させるには、知事・市長である僕(上司)と「交渉」して、話をつけなければならない。

自分の目的を達成するためには、政治・行政の世界でも、ビジネスの世界でも「交渉力」というものが非常に重要になる。

交渉は大きく分けて2パターンしかない

僕のやってきた交渉は、弁護士時代の若い頃と、大阪府知事・大阪市長になってからでは大きく違う。弁護士としての交渉は、相手側からの不当な要求を拒んだり、こちらの要求をのませたりするものが多かった。こうした交渉は、いわば「敵対的交渉」だ。

知事・市長になってからは、「敵対的交渉」は減り、「協調的交渉」が主体となった。協調的交渉とは、お互いが納得し、それぞれ得るものがある、いわばWin-Winの交渉だ。

ビジネスの現場では、このような「協調的交渉」が多いだろう。ただ、時には「敵対的交渉」も必要になるかもしれない。「協調的交渉」と「敵対的交渉」の両方を知っておけば、最強の交渉術となる。

「敵対的交渉」、いわばケンカ闘争において、自分に有利に運ぶための大きな戦略・策略などの知見をいちばん持っているのは、言うまでもなく実際にケンカ闘争で生き抜いてきた面々だ。極論すれば「ヤクザ」な人たち。インテリたちは、交渉術についても机上の論を語ることは得意だが、実際のケンカ交渉術には知見がない。

弁護士時代、僕のところに依頼が来る事件は、依頼主企業の百戦錬磨の交渉担当者が手に負えない案件ばかり。相手が大阪独特のややこしい人たちや、それこそ反社会的勢力の場合も多い。 

次ページちまたの交渉ノウハウ本はまったく役に立たない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT