一畑電車、「新たな中古車両」を探して東奔西走 

都会の鉄道車両たちが“第2の人生"を送る

東急電鉄からやってきた1000系と、元・京王電鉄5000系の2100系が並ぶ(筆者撮影)

世の中にあるもののほとんどは、いつか使えなくなる。鉄道車両も同じだ。事故や故障はもちろんだが、丁寧なメンテナンスを心がけていても、消耗品が底を尽いたり交換部品が手に入らなくなったりして、引退せざるをえなくなった車両も多い。

あるいは、まだ走れるものの車内設備が古くなり、これ以上使い続けるのは得策ではないと判断されることもある。

中古車両を中古車両で置き換える

こうした場合、大手鉄道会社であれば新車を導入することになるだろうが、中小鉄道会社の場合そうはいかない。新車の製造費用は1両あたり数億円かかるため、導入したくてもできないのが現状だ。

そうなると、残された道は大手鉄道会社の中古車両を譲り受けるしかないため、老朽化した中古車両を、より程度のよい中古車両で置き換えるという鉄道会社も少なくない。

島根県を走る一畑電車も、そんな鉄道会社の1つだ。同社では、1950年代から西武鉄道の中古車両を数多く譲り受けており、1980年代には最大勢力となっていた。

一方で、1990年代に入るとこれら中古車両も老朽化が進んだことから、1994年に京王帝都電鉄(現・京王電鉄)の5000系を譲り受け、2100系としてデビューさせた。

次ページ従来車両から大きく“進化”
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。