NYダウ256ドル安、下げ渋った理由は何か?

米10年債一時0.66%まで低下、過去最低更新

米国株式市場は新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響を巡る懸念が根強く、続落して終了した。ただ、主要3指数はそろってこの日の安値からは上向いて取引を終えた。ニューヨーク証券取引所で撮影(2020年 ロイター/ANDREW KELLY)

[6日 ロイター] - 米国株式市場は新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響を巡る懸念が根強く、続落して終了した。ただ、主要3指数はそろってこの日の安値からは上向いて取引を終えた。

S&P総合500種は過去12営業日のうち10営業日で下落。S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズによると、2月19日に終値としての過去最高値を付けてからの下落率は約12%に達し、時価総額にして3兆4300億ドルが消失した。

ただ、この日は取引終盤にかけて3指数は下げ幅を縮小。BNYメロン・インベストメント・マネジメント(ニューヨーク)の首席ストラテジスト、アリシア・レバイン氏は、連邦準備理事会(FRB)当局者が新型ウイルス感染拡大の経済への影響を緩和するために金融政策に加えその他の手段も利用する可能性を示唆する発言が出たことが株価の支援要因になったと指摘。ただ「経済にどのような影響が出るのかはまだ極めて不透明だ」と述べた。

米債券市場では10年債<US10YT=RR>が0.66%まで低下し、この日も過去最低水準を更新。国債利回りの低下は金融株の売りにつながり、S&P500銀行株指数<.SPXBK>は4.7%低下。週初からの下落率は8%を超えた。

この日はトランプ米政権がクルーズ船の利用を控えさせる措置を検討しているとのロイターの報道を受けクルーズ船運航株が売られ、カーニバル<CCL.N>は2.6%、ロイヤル・カリビアン・クルーズ<RCL.N>は1.2%安となった。

ジョン・ハンコック・インベストメント・マネジメント(ボストン)の共同最高投資ストラテジスト、エミリー・ローランド氏は「この日の下落は全て新型ウイルスの封じ込めに向けた取り組みに起因している」とし、「封じ込めに向けた措置は商業活動や消費活動の抑制につながる可能性があり、市場はこれに反応している」と述べた。

朝方発表された2月の米雇用統計に市場はほとんど反応しなかった。

週足ではS&P総合500種が0.6%、ダウ工業株30種が1.8%、ナスダック総合が0.1%、それぞれ上昇した。

この日の取引ではS&Pの全11部門が下落。中でもエネルギー株<.SPNY>が5.6%と大きく下げた。

米ボラティリティー・インデックス(恐怖指数、VIX)<.VIX>は一時2015年8月以来の高水準を付けたが、株価が下げ幅を縮小するに従い低下し、取引終了時点では2.32ポイント上昇の41.94となった。

個別銘柄ではコーヒーチェーン大手のスターバックス<SBUX.O>が1.1%安。同社は5日に当局に提出した文書で、新型ウイルスの影響により中国の第2・四半期(1─3月)既存店売上高が少なくとも50%落ち込むとの見通しを示した。

会員制倉庫型ストアのコストコ・ホールセール<COST.O>は1.4%安。消毒剤を含む日用品の需要に応じることが難しくなっているとしたことが嫌気された。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を4.40対1の比率で上回った。ナスダックでは3.77対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は142億株。直近20営業日の平均は105億4000万株。

 

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 25864.78 -256.50 -0.98 25457.2 25994.3 25226.6 <.DJI>

1 8 2

前営業日終値 26121.28

ナスダック総合 8575.62 -162.98 -1.87 8469.02 8612.36 8375.13 <.IXIC>

前営業日終値8738.60

S&P総合500種 2972.37 -51.57 -1.71 2954.20 2985.93 2901.54 <.SPX>

前営業日終値3023.94

ダウ輸送株20種 8956.06 -54.86 -0.61 <.DJT>

ダウ公共株15種 901.70 -6.44 -0.71 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1699.89 -34.14 -1.97 <.SOX>

VIX指数 41.94 +2.32 +5.86 <.VIX>

S&P一般消費財 908.30 -13.03 -1.41 <.SPLRCD>

S&P素材 335.02 -9.03 -2.62 <.SPLRCM>

S&P工業 608.40 -5.51 -0.90 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 632.29 -4.89 -0.77 <.SPLRCS>

S&P金融 422.74 -14.38 -3.29 <.SPSY>

S&P不動産 238.52 -4.11 -1.69 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 318.64 -18.95 -5.61 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1129.02 -5.88 -0.52 <.SPXHC>

S&P通信サービス 168.93 -2.13 -1.24 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1557.93 -32.30 -2.03 <.SPLRCT>

S&P公益事業338.78 -2.63 -0.77 <.SPLRCU>

NYSE出来高 17.21億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 20440 - 270 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物3月限円建て 20430 - 280 大阪比 <0#NIY:>

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT