ZOZO、「ゾゾシューズ」の手堅い戦略は吉か凶か

大失敗したゾゾスーツとPBの反省をいかす

ゾゾマットの開発を陣頭指揮してきたZOZOの伊藤正裕取締役兼COO(撮影:風間仁一郎)

ファッションECサイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するZOZOは3月4日、ゾゾタウン内に靴専門のECモール「ZOZOSHOES(ゾゾシューズ)」を開設した。スマートフォンで足の3Dサイズを計測できる「ZOZOMAT(ゾゾマット)」での計測データを基に、顧客一人ひとりの足の形に相性のよいサイズの靴を提案する。

現状、サイズ提案される商品はNIKEやCONVERSEなどの約100アイテムのみだが、対象商品は順次拡充する方針。洋服以上にフィット感が重視される靴は、試着のできないネットでの購入のハードルが高い。サイズ面での不安を解消することで、現在ゾゾタウンの商品取扱高の1割強を占める靴カテゴリの販売を一気に拡大させる狙いだ。

「一家に一枚ゾゾマット。ご家族みなさんで共用いただけます」――。

ZOZOの創業者・前澤友作氏が2019年6月に投稿したこのツイート。ゾゾマットの予約受付開始を知らせたものである。それから8カ月余り。ようやくゾゾマットの発送が始まり、その計測データを活用した新たなサービスが始動することとなった(ゾゾマットは無料配布)。

ゾゾスーツとPBは生産中止に

無料配布、3D計測、サイズ提案――。ゾゾマットのこれらのうたい文句を聞いて思い出されるのは、2017年末に話題を振りまいた採寸用ボディスーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」だろう。自宅で瞬時に全身を採寸でき、さらにぴったりサイズの商品が届くという近未来的な販売手法は、世間で大きな注目を集めた。

だがゾゾスーツは、度重なる配送遅延が発生。採寸結果の誤差を指摘する声も相次いだ。計測データを基に生産したジーンズやビジネススーツなどのPB(プライベートブランド)商品でも、「サイズが合わない」といった事態が多発した。PBの売り上げは想定を大きく下回り、1枚約1000円のコストを掛けたゾゾスーツの無料配布費用もかさんだ結果、2018年度決算は上場以来初の営業減益に転落した。現在はPBとゾゾスーツともに、生産を中止している。

次ページゾゾマットはどういうもの?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT