横浜市営地下鉄「延伸」で得するのはどの街か?

駅前一等地をJR東海が所有、使い道は?

尻手黒川道路の地下を進んだ地下鉄は、南百合丘小南側交差点付近から新百合ヶ丘駅南口へ進む形になる。南口エリアはビルが建ち並ぶものの、昭和音楽大学南校舎の北側を通れば、ビル群の基礎を触らずに済みそうだ。

小田急ロマンスカーも停まる新百合ヶ丘駅。南口には百合ヶ丘駅にあったバスターミナルが移転し交通の要所となった。地下鉄の地上出入り口も設置しやすそうだ(筆者撮影)
小田急新百合ヶ丘駅は橋上駅舎で、地下鉄から乗り換えるにはここまで上がる必要がある。地下道を作り、小田急線プラットホームから下り階段で連絡できれば便利だが……(筆者撮影)

横浜市は大深度地下を使わず、住宅街の地中権を獲得する形で工事を進めるという。住民の協力が得られるかが早期開通のカギになる。

沿線の人々にとって、地下鉄の建設は好感を持たれているようだ。地下鉄駅予定地付近を歩いてみたところ、工事反対などの立て看板、ポスターなどは見かけなかった。

ただし、ヨネッティー王禅寺やバス停にいた人と話題にしたところ、地下鉄の延伸を知らない人もいた。住民からの要望や反対などの活動はこれから始まるかもしれない。

地下鉄延伸を知る住民からの期待値は高い。筆者が2019年8月にすすき野駅予定地付近で開催された住民説明会を傍聴したときは、開会も閉会も拍手だった。住民からの質問については、工事中のトラックなど交通量の増大に対し、安全策をしっかりやってほしいというものだった。

開業効果はたくさんある

横浜市営地下鉄ブルーライン延伸区間開業の目標年次は2030年。開業すれば、沿線の人々にとって、小田急線経由で新宿へ、田園都市線経由で渋谷へ、地下鉄経由で横浜へと、行き先の選択肢が増える。小田急沿線の人々にとっては、横浜方面および新横浜からの東海道新幹線接続も魅力だろう。

そしてなによりも、東急電鉄が開発した多摩田園都市を、東急電鉄以外の鉄道が南北に貫く。これが多摩田園都市にどんな影響を与えるか。そして少子高齢化に歯止めをかけられるか。興味は尽きない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT