日本は2%成長ムリなのに予測に盛り込む虚構

楽観シナリオに深刻な問題が隠蔽されている

(1)慎重シナリオ
2015~2023年度の実質成長率が1.1~1.2%、2020年度の名目GDPが571.9兆円

(2)成長戦略シナリオ
2015~2023年度の実質成長率が2.1~2.4%、2020年度の名目GDPが661.2兆円

2010年において設定された目的は、「国・地方の基礎的財政収支(PB:プライマリーバランス)赤字の対GDP比を、2015年度までに(2010年度の水準であるマイナス6.4%に対し)半減し、2020年度までに黒字化する」というものでした。

試算の結論は、2020年度におけるプライマリーバランスが次のようになるというものでした。

(1)慎重シナリオでは、21.7兆円の赤字、対GDP比がマイナス3.8%程度になる(つまり、黒字化できず、半減もできない)
(2)成長戦略シナリオでは、13.7兆円の赤字、対GDP比マイナス2.1%程度になる(つまり、黒字化はできないが、半減はできる)

このように、成長率の見通しが異なれば、結果はまったく違ってしまうのです。1%と2%の違いだけで、このように大きな差が生じるのです。

高成長も財政収支見通しも実現できず

では、実際にはどうなったでしょうか?

政府の「2020年度経済見通し」によると、名目GDPは570.2兆円となっています。

したがって、2010年に「成長戦略シナリオ」で描かれた将来像は、実現できなかったわけです。

2020年度経済見通しに示されている名目GDPの値は、成長戦略シナリオが予測した値の86%でしかありません。

しかも、前回記事「日本がこの先もずっと低成長しか望めない理由」(2020年2月2日配信)で述べたように、1.4%の見通しは過大であろうと考えられます。IMF(国際通貨基金)の見通しによれば、565.9兆円です。

では、財政収支はどうなったでしょうか?

内閣府は、2020年1月17日の経済財政諮問会議で、財政収支試算を示しました(「中長期の経済財政に関する試算」、2020年1月17日)。

それによると、2020年度の基礎的財政収支は 15.7兆円の赤字で、対GDP比はマイナス2.7%となっています(図表1参照)。

次ページ企業利益の増加による法人税増に助けられた
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。