「武漢肺炎」で日経平均は最悪どこまで下がるか

投資家は情報の乏しい中どう向き合うべきか

2日は、府中のダート1400mで根岸ステークス(東京競馬場11R、G3)が行われる。同コースの1600メートルで行われるフェブラリーステークス(2月23日、G1)のトライアルレース的な位置づけだ。

このレースで好走できない馬はファブラリーステークスで苦戦するが、後者を狙っている馬がこのレースで完調に仕上げてくるかというと、そうでもない場合がある。

根岸Sの本命は前走が強かったミッキーワイルド

さて、本命には、前走で同コース・距離の霜月ステークスで強い勝ち方だったミッキーワイルドを採りたい。2枠3番なのでミルコ・デムーロ騎手のスタートでの出遅れが少しだけ心配だが、無難に出てくれたら勝ち負け出来るのではないか。

対抗には、昨年のこのレースの覇者、コパノキッキングが明らかに実力上位だ。ただし、この馬の狙っているのは次走かも知れない。

単穴は、8歳と高齢だがこの条件が合うカフジテイクを買いたい。以下、初ダートだが芝のG1を制するスピードがあるモズアスコット、距離短縮で条件が好転するワンダーリーデルを押さえる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT