マックカフェのリベンジ! 3度目の正直なるか《それゆけ!カナモリさん》

マックカフェのリベンジ! 3度目の正直なるか《それゆけ!カナモリさん》

 

■打倒スタバ!?マック新メニューの登場

 日本マクドナルドがついに、カフェ市場の完全制圧に乗り出した。ファストフードの強大なるコスト・リーダーの本格進出は、この後のさらなる大胆な展開も予感させる。11月3日。東京ウォーカーは「スタバに対抗?マックが「カフェモカ」などコーヒーメニューを強化!」と題した記事を掲載した。他のメディアでも、マクドナルドのカフェメニュー強化は大きく取り上げられている。

今回は、カフェラテ、キャラメルラテ、カフェモカ、カプチーノなどの、より「カフェらしい」メニューを投入しただけでなく、「マックカフェ」という新ブランドとして販売していることが大きな特徴である。

このブランドネーム。日本マクドナルドとしての壮絶なリターンマッチへの決意を表わしている。ご記憶の方も多いと思うが、「マックカフェ」は元々は単なる商品ブランド名ではない。マクドナルドの新業態・カフェ店舗として1998年にスタートした店舗ブランド名である。

その1度目のチャレンジは店舗を矢継ぎ早に展開したものの、翌年撤退。2度目のチャレンジは2007年に同名の店舗を複数展開したが、翌年から縮小を余儀なくされ、現在、同社のWebサイトにはその形跡を示すものすら残されていない。

GLOBIS.JP上でも小西賢明氏の記事「お客様を想え。Vol.3 マクドナルド--ターゲットの見えないマックカフェ」が2008年2月に掲載され、小西氏は「ターゲットが曖昧すぎる」「顧客不在のまま自己都合でビジネスを描いている」と批判しながらも、「マクドナルドの底力をすれば、きっと次はやってくれるはず」とエールを送っていた。

その次が、来た。それも、ドでかいインパクトで。

下地作りは昨年2月から始まった。新業態店ではなく、既存店舗でのカフェメニュー拡充という方向性に舵を切った。既にその前に顧客から評判の悪かったコーヒーを、ホット、アイスともに「プレミアムローストコーヒー」化して100円(現在は120円)で提供し、無料キャンペーンを何度も実施。「マックのコーヒーは安くてうまい」とのイメージを完全に植え付けた。

そして、3度目の挑戦。新業態店ではなく、本体メニューへ全面的にカフェメニューを組み込んだ。もはや失敗が許されない最後のリターンマッチ。その勝算はどれほどのものだろうか。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT