娘の受験に口を挟む「マウント夫」に妻が大逆転

結婚生活17年の中で、初めて妻がキレたら…

娘が中学に入った頃から、変わりだした夫の言動。和ませキャラの妻が、結婚生活17年の中で初めてキレたら……(写真:polkadot/PIXTA)

「娘が高校受験真っ最中なんですが、娘が中学に入った頃から夫の言動が変なんです」

そう語り始めたのは40代の美香さん(仮名)。

ご主人は昔から勉強ができるタイプで、もともと娘さんの学習成績に対してかなり厳しく、小学校のときもテストの結果が出ると、間違ったところの復習をしながら、「なんでこうなった?」「お前これくらいできなきゃヤバイよ」と強い口調でプレッシャーをかけることが多かったといいます。

テストの結果が出るたびにキレるようになった夫

ちょっと度を越えてるんじゃないかな?と思い始めたのは中2の初めの頃。

本格的に進路を考えて受験に向けて1つひとつのテストの成績が大事になってきた頃から、「こんなんじゃA高校に行けない」「A高校に行けないなら高校行く意味ない」「中学卒業したらモデルになったら?(呆れ顔で半笑いっぽく)」「高校行かないなら中学ももう意味ないじゃん。明日から行かなくていいんじゃない? 明日先生に辞めるって言ってこい」。

こんなやりとりがテストの結果が出るたびにあり、娘さんも成績表を見せるのが怖くなったのか、両親に成績表を見せなくなってきたといいます。

後からご主人がそれを発見した際には、無言で成績表をビリビリに破り捨てたこともあったとか。そして、「そりゃこんな成績なら隠したくなるわな」「辞めるか、学校?」「意味ないだろ」といったようにキレる。その後には、娘さんが何度も謝って、美香さんも何度もご主人をなだめて、最後には「次は頑張れよ!」「お前はやればできるから言ってるんだ」という感じで一応は収まる。というのが、学期末やテストの後のルーティン。

娘さんも毎回恐怖にさいなまれて委縮してしまうでしょうし、美香さんも毎回気が気でないのがよく伝わりました。

次ページこれだけに収まらなくなってきた夫の行動は…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。