叱れない上司は部下にどう注意すればいいのか

3つの心がけをすれば、部下は育成できる

さらに、自分の気持ちを話すことによって、相手のマインドを責めることも回避できます。また、Iメッセージを使うと、怒りをぶつけるだけで終わることも回避できます。「お前、何やっているんだ!」という言い方ではなく、「(私は)正直今回の件では腹が立っている」とIメッセージを使うと、怒りをぶつける表現にならず、かつ自然と怒りも収まり、冷静な議論をすることができます。しかも、言われた相手(部下)は、自分を守るアクションを取らなくて済みます。

② 2つ目のI:インフルーエンス(影響)を伝える

部下の問題行動がどんな影響を与えるのか、部下自身がよく理解していないケースは多いものです。「なぜ遅刻をしてはいけないのか?」という理由を伝える際、「ルールだから」とか「社会人として遅刻をすることはいけないことだから」といった「常識・決まり事」として伝えても、彼らには響きません。

しかし「影響」に焦点を当てれば、とても理由が伝わりやすくなります。
「あなたが遅刻をすることで、参加メンバーの大切な時間を奪ってしまった」「あなたが遅刻をしたことで、あなたは時間を守れない人だと評価が下がる可能性がある」といった影響に目を向けることが有効です。

もっと言うと、「あなたが会議に間に合っていれば、あなたのすばらしいアイデアがもっと生かせた」というように、遅刻のネガティブな面ではなく、時間に間に合ったときのポジティブな面を伝えられると、さらに伝わりやすくなります。

これも、周囲への影響を述べるだけですから、叱れない人もやりやすい方法です。しかも、このポジティブな影響に焦点を当てる方法は、部下にはもっと存在価値があるということを暗に伝えられるので、高い改善効果が期待できます。

③ 3つ目のI:インプルーブ(改善行動)を決める

これは、具体的にどういう「行動」を改善すれば問題がなくなるかを話し合うことです。「遅刻はもうするなよ」で終わるのではなく、「時間に間に合うためには、具体的にどんな改善策があるか決めよう」と話し合い、「予定の10分前に到着するスケジュールで朝の準備時間を10分ずつ早める」といった改善策を決めます。

こういった改善策は、1回決めたら終わりではなく、できるようになるまで繰り返し共有する必要があります。過去の行動を指摘して終わるのではなく、未来に向けて、これからどうしていくのかという「前向きなアクション」を設計することが重要になります。

叱らなくて済む方法で部下の問題行動は改善する

以上が「叱らなくて済む方法」です。今回は遅刻を例に紹介しましたが、ほかのことでも同様に活用できます。「3つのI(アイ)」の手順を踏めば、部下をなかなか叱れない上司も、部下の行動を改善できるようになります。

重要なことは、部下のマインドや存在価値を否定することなく、「問題行動だけ」を修正する点です。Iメッセージで気持ちを伝え、自分の持つ影響に目を向けさせ、改善アクションを決めるプロセスを繰り返していけば、部下の問題行動も徐々に改善に向かい、成長スピードは飛躍的に上がるはずです。

アルファポリスビジネスの関連記事
「ちゃんと報告してよー!」。「報連相」しない部下は、4つの対策で簡単に解決する
任せ上手なリーダーは、部下の3つの「欲」を巧みに刺激している
ほとんどの上司が実は知らない!? 「部下を褒める」本当の目的
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。