渋谷「かつお食堂」がお客を魅了する3つの理由

クラブに週4通い!元パリピ店長が語る魅力

渋谷の新名所「かつお食堂」を切り盛りする美人店主の“かつおちゃん”こと永松真依さん。かつお食堂が、渋谷の新たな観光名所として定着した人気の秘訣を伺った(写真:OCEANS)
「100年に1度の再開発」で様変わりしつつある街・渋谷。大型商業施設がバンバン建ち並び、いよいよかつての渋谷の面影はなくなるか? いやいや、それは大きな勘違い。むしろ今こそ見ておきたい“新しい渋谷”の景色。

渋谷の新名所「かつお食堂」をご存知だろうか?

メニューは基本的に、削りたてのかつお節をご飯の上に乗せた「かつお食堂ご飯」の一本勝負。店を切り盛りするのは美人店主の永松真依さんで、巷では“かつおちゃん”と呼ばれている。

開店は朝9時と早いが、オープン直後から11時くらいまでは行列が絶えない。わざわざ地方から訪ねてくる客も多く、最近では海外からの客も増えているとか。昨年8月にオープンしたばかりだというのに、早くも渋谷の新たな観光名所として定着したかつお食堂。その人気の秘訣はどこにあるのか?

実際に訪問し、大きく3つの理由があることがわかった。

「THE 日本の朝ごはん」の魅力

かつおちゃんが初めて「かつお食堂」を構えたのは2017年11月。当時は渋谷・宮益坂にあった知人のバーを間借りして営業していたが、店はすぐさま人気店へと成長。かつおちゃんはその理由を「ちゃんとした朝ごはんを手頃な値段で食べられる、珍しい店だからだと思う」と予想する。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

「お金をかければ美味しい和食は食べられるし、簡単な朝食を出すファストフード店もたくさんあります。でも、かつお節からちゃんとだしを取ったみそ汁が飲める、昔ながらの『THE 日本の朝ごはん』を気軽に味わえる店はほとんどありません。こういうのを求めている人たちがたくさんいるんだと思います」

(左)「かつお食堂ごはん(1400円)」。みそ汁も漬物も“だしたまご”も、すべてがかつおだしで作られている。メニューはほかに、“だしたまご”が付いていない「かつおめし(1100円)」のみという潔さもグッドだ(右)削りたてのかつお節からただよう芳醇な香り。これはたまらん……(写真:OCEANS)

思い当たる節はある。実際、定食を目のあたりにすると、こみ上げてくるワクワク感が抑えられない。

次ページ醍醐味は芳醇な香り
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT