渋谷「かつお食堂」がお客を魅了する3つの理由

クラブに週4通い!元パリピ店長が語る魅力

渋谷の新名所「かつお食堂」を切り盛りする美人店主の“かつおちゃん”こと永松真依さん。かつお食堂が、渋谷の新たな観光名所として定着した人気の秘訣を伺った(写真:OCEANS)
「100年に1度の再開発」で様変わりしつつある街・渋谷。大型商業施設がバンバン建ち並び、いよいよかつての渋谷の面影はなくなるか? いやいや、それは大きな勘違い。むしろ今こそ見ておきたい“新しい渋谷”の景色。

渋谷の新名所「かつお食堂」をご存知だろうか?

メニューは基本的に、削りたてのかつお節をご飯の上に乗せた「かつお食堂ご飯」の一本勝負。店を切り盛りするのは美人店主の永松真依さんで、巷では“かつおちゃん”と呼ばれている。

開店は朝9時と早いが、オープン直後から11時くらいまでは行列が絶えない。わざわざ地方から訪ねてくる客も多く、最近では海外からの客も増えているとか。昨年8月にオープンしたばかりだというのに、早くも渋谷の新たな観光名所として定着したかつお食堂。その人気の秘訣はどこにあるのか?

実際に訪問し、大きく3つの理由があることがわかった。

「THE 日本の朝ごはん」の魅力

かつおちゃんが初めて「かつお食堂」を構えたのは2017年11月。当時は渋谷・宮益坂にあった知人のバーを間借りして営業していたが、店はすぐさま人気店へと成長。かつおちゃんはその理由を「ちゃんとした朝ごはんを手頃な値段で食べられる、珍しい店だからだと思う」と予想する。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

「お金をかければ美味しい和食は食べられるし、簡単な朝食を出すファストフード店もたくさんあります。でも、かつお節からちゃんとだしを取ったみそ汁が飲める、昔ながらの『THE 日本の朝ごはん』を気軽に味わえる店はほとんどありません。こういうのを求めている人たちがたくさんいるんだと思います」

(左)「かつお食堂ごはん(1400円)」。みそ汁も漬物も“だしたまご”も、すべてがかつおだしで作られている。メニューはほかに、“だしたまご”が付いていない「かつおめし(1100円)」のみという潔さもグッドだ(右)削りたてのかつお節からただよう芳醇な香り。これはたまらん……(写真:OCEANS)

思い当たる節はある。実際、定食を目のあたりにすると、こみ上げてくるワクワク感が抑えられない。

次ページ醍醐味は芳醇な香り
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。