「ルーミー/タンク」発売3年超でも好調な理由

両車合算で新型カローラやプリウス超える

経済的な側面においても、例えば5ナンバーでエンジン排気量が1000cc以下であれば、自動車税額は年間2万9500円であるのに対し、1500~2000ccでは3万9500円になり、ルーミー/タンクは1万円安く済む。タントなど軽自動車税額の7200円とは比べ物にならないが、それでもカローラやプリウスに比べれば安上がりだ。

燃費性能は、ハイブリッド車にはかなわないが、軽自動車のタントと3km/Lほどの差なので、上手に運転すれば同等に近い燃料代で済むのではないだろうか。

使用するうえでのそうした経費においても、軽自動車より多少の割高な程度で、家計への負担をおさえながら、多くの利点を享受できるのがルーミーとタンクといえそうだ。

求められる人々に寄り添うクルマ

いずれにしても、ルーミー/タンクが売れている背景には、こうした要因があり、そこから見えてくるのは、国内において高い人気を誇るのはやはり5ナンバー枠のクルマであり、かつ日常的にさまざまなシーンで利用できる実用車なのである。

ルーミーやタンク(写真)はこれからも高い人気を維持できるか(写真:トヨタ自動車)

ひと頃はそれが5ナンバーミニバンに象徴された。だが、いまや車両価格が200万円台の後半からであるのに対し、ルーミー/タンクは150万円ほどから購入でき、装備を充実させても200万円ほどで収まる。低成長時代が続くことによって、小型でも利便性が高く、出費を抑えられるクルマに人々の目が向かっているのだろう。

子育て家族に便利なクルマは、高齢者にも乗り降りがしやすく、年金を頼りに日々の生活を送る高齢社会には経費の面でも適した乗り物である。今や、人々に寄り添うクルマが求められており、まさにそれこそが「大衆車」なのだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 就職四季報プラスワン
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT