独BMW、中国で約1万台リコール

ソフトウエアに不具合が見つかる

3月5日、中国当局は、ドイツの高級車メーカーBMWが、ソフトウエアに不具合があるとして中国で同社の輸入車1万0234台をリコールすると発表した。フランクフルトで昨年9月撮影(2014年 ロイター/Pawel Kopczynski)

[上海 5日 ロイター] -中国当局は5日、ドイツの高級車メーカーBMWが、ソフトウエアに不具合があるとして中国で同社の輸入車1万0234台をリコールすると発表した。

中国国家品質監督検査検疫総局(AQSIQ)がウェブサイトに掲載した声明によると、リコール対象となるのは2004年3月1日―2008年7月31日に生産された「7シリーズ」8676台と、2004年3月1日―2008年7月8日に生産された同シリーズ1558台。ソフトウエアの不具合により、前者は傾斜地に駐車した場合に坂を滑り降りる危険性があり、後者は起伏の激しい道路の走行中にドアが開く危険性があるという。

リコール対象車については、無料でソフトウエアの更新対応が受けられる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。