独BMW、中国で約1万台リコール

ソフトウエアに不具合が見つかる

3月5日、中国当局は、ドイツの高級車メーカーBMWが、ソフトウエアに不具合があるとして中国で同社の輸入車1万0234台をリコールすると発表した。フランクフルトで昨年9月撮影(2014年 ロイター/Pawel Kopczynski)

[上海 5日 ロイター] -中国当局は5日、ドイツの高級車メーカーBMWが、ソフトウエアに不具合があるとして中国で同社の輸入車1万0234台をリコールすると発表した。

中国国家品質監督検査検疫総局(AQSIQ)がウェブサイトに掲載した声明によると、リコール対象となるのは2004年3月1日―2008年7月31日に生産された「7シリーズ」8676台と、2004年3月1日―2008年7月8日に生産された同シリーズ1558台。ソフトウエアの不具合により、前者は傾斜地に駐車した場合に坂を滑り降りる危険性があり、後者は起伏の激しい道路の走行中にドアが開く危険性があるという。

リコール対象車については、無料でソフトウエアの更新対応が受けられる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT