独BMW、中国で約1万台リコール

ソフトウエアに不具合が見つかる

3月5日、中国当局は、ドイツの高級車メーカーBMWが、ソフトウエアに不具合があるとして中国で同社の輸入車1万0234台をリコールすると発表した。フランクフルトで昨年9月撮影(2014年 ロイター/Pawel Kopczynski)

[上海 5日 ロイター] -中国当局は5日、ドイツの高級車メーカーBMWが、ソフトウエアに不具合があるとして中国で同社の輸入車1万0234台をリコールすると発表した。

中国国家品質監督検査検疫総局(AQSIQ)がウェブサイトに掲載した声明によると、リコール対象となるのは2004年3月1日―2008年7月31日に生産された「7シリーズ」8676台と、2004年3月1日―2008年7月8日に生産された同シリーズ1558台。ソフトウエアの不具合により、前者は傾斜地に駐車した場合に坂を滑り降りる危険性があり、後者は起伏の激しい道路の走行中にドアが開く危険性があるという。

リコール対象車については、無料でソフトウエアの更新対応が受けられる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。