買収観測Jクルーがユニクロにもたらすモノ

50億ドル大型買収の費用対効果はいかに

だが、買収価格の割高・割安の判断に用いるEV/EBITDA倍率は、市場平均が7~8倍。これに対して、Jクルーの場合、14年1月期のEBITDA3.7億ドルを基に計算すると、約17倍となる。仮に買収金額とされる50億ドルにJクルーの負債15.6億ドルが含まれていたと考えても、約13倍と高い。これは買収費用の回収に17年間かかることを意味しており、市場関係者は「高すぎる」と口をそろえる。

定期的に飛び出す怪情報

過去のファーストリテイリングの買収は、Jブランドの買収も、セオリーの株式追加取得も、いずれも200億円規模。5100億円での買収が実現すれば、ダントツで過去最高額となる。

「仮に協議があったとしても交渉はまだ初期の段階で、50億ドルという数字はJクルー側の言い値に過ぎないのではないか。この金額で買収するなら“ネガティブ”を出す。海外事業をはじめ、ほかに効率的に投資に回せる」(風早氏)

ファーストリテイリングは、2007年に米国の高級百貨店、バーニーズニューヨークを巡る買収でドバイの政府系投資ファンドと競り合った際、提示額を9.5億ドル(当時のレートで約1140億円)まで引き上げた後に買収を断念した過去がある。高い買い物は避ける可能性も高い。

また、2013年2月にはGAPブランドを買収するという観測が市場に流れて株価が急上昇した局面もあったが、その後の進展はないなど、大型買収の怪情報が定期的に出てくる節もある。柳井正社長はJクルー買収に対して、どんな計算を弾いているのか。まだまだ状況はいかようにも動きそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。