2065年、日本の人口ピラミッドはどうなるか

中低所得国では増えるが日本は1億人を切る

逆ピラミッドの割合がさらに増加

現在は、70歳くらいと45歳くらいにピークがありますが、2040年には「頭でっかち」の逆ピラミッドになります。2065年には、「頭でっかち」の度合いがもっと顕著になることがわかります。

そしてこうした傾向は、出生率が高まったとしても、あまり変わらないこともわかります。

このことが、日本の将来の労働力や社会保障制度などを考える場合に、重大な意味を持つことになります。

こうした問題について、これから考えていくことにします。

(次回に続く)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT