仮設住宅生まれのご当地キャラ、大ブレイク

宮城・東松島の主婦が作った「おのくん」が超人気

縫いぐるみづくりを呼びかけた、自治会長の武田文子さん

おのくんとの出会いによって、閑散としていた仮設住宅もガラリと雰囲気が変わった。集会所には全国からたくさんの人が集まるようになり、おのくんを通じて住民とボランティア、旅行者の交流が始まったのだ。

仮設住宅に入居してまもないころ、「がれきの片づけで来てくれるボランティアが休養できる場所を」と、武田さんは喫茶スペースの開設を考えた。

しかし、適当な場所が見つからずに思案していたところに、縫いぐるみづくりと巡り会った。

おのくん制作の特徴は、材料の調達から制作、販売に至るまで、仮設住宅の住民が自らの手でやり遂げていることにある。

「おら、おのくん」と題したファンによる写真集も人気に

当初、作り手の女性たちは無償で働き、1体1000円の販売収入を元手に、綿や靴下を買い集めた。軌道に乗るまでに3カ月かかった。できあがったおのくんはボランティアがまとめ買いし、復興イベントなどを通じて全国に広める役割を果たした。

おのくんの制作は、あくまでもマイペースだ。たくさん作るのが難しいところに人気が爆発したため、注文から発送まで、なんと6カ月待ちだという。「仮設住宅に来てくださった方への販売が基本」(武田さん)なので、仮設住宅の集会所にはたくさんのおのくんが陳列されている。

津波で我が家を失い、仮設住宅暮らしの武田さんだが、「たくさんの人と知り合えたことのほうが大切。おのくんにはとても感謝しています」と語る。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 家族会議のすすめ
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界のエリートは<br>なぜ哲学を学ぶのか

この世界はどこへ向かおうとしているのか。難問に立ち向かうためにエリートたちが頼りにし始めたのが哲学だ。ビジネスの現場でも使える最新哲学入門。今日から使える10の哲学用語解説と、今読むべき哲学本20冊の紹介も。