指原莉乃も嫌う「髪をなでてくる男」の法的問題

「不必要な身体への接触」はトラブルの元

番組内で謝罪の際に髪をなでてくる男性に対して不満を漏らした指原莉乃さん。職場でも起きる可能性のあるこの行為、セクハラに該当するのだろうか(写真:時事通信)

男性から髪を触られることについて、女性はどう思っているのだろうか。

11月12日放送の「指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙」(AbemaTV)では、男性が、女性の機嫌をとろうとして、髪の毛を撫でることについて、指原莉乃さんが、「嫌ですね。例えばポニーテールとか編み込んである髪型の時に触られたら『何コレ』って思います」と苛立ちを見せた。

男性が、女性に対して謝罪の際に触ることについても、「なんで『ごめんな』の時に触るの?って感じです」と不満げだった。

このようなことは、職場でも起きることがあるが、セクハラになる可能性はあるのだろうか。森田梨沙弁護士に聞いた。

髪を触る行為は「環境型セクハラ」に該当する可能性も

「『セクハラ』という言葉は普段耳にすることも多いですが、その概念は多義的で、刑事罰が科されるような違法性の強いものから、モラル違反としてのセクハラまで、様々です」

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

男性社員が謝罪の際に女性社員の髪を触った場合、懲戒処分を受ける可能性があるのか。

「男女雇用機会均等法11条の定めが参考になります。この条文では、事業主が防止措置を講ずべきセクハラとして、以下の2種類を挙げています。

(1)職場において行われる性的な言動に対するその労働者の対応により、当該労働者がその労働条件につき不利益を受ける場合(対価型セクハラ)

(2)性的な言動により当該労働者の就業環境が害される場合(環境型セクハラ)

髪を触る行為は、『環境型セクハラ』に該当する可能性があります。

次ページ身体接触が1回だけであっても…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT