あのレクサスが「高級ボート」まで手掛けたワケ

「4億円超」のゴージャスさに章男社長も納得

イタリアのNuvolari Lenard社とともに手がけたオーナーズルーム(写真:LEON編集部)

優雅な乗り物とはなんだろう。自家用ジェットはどうだろう。飛行場での検査が簡略化されたり、飛行中が快適でいられることはたしかだ。でも、延々と乗ってはいられない。

それに対してヨット(欧米ではクルーザーのこともヨットと呼ぶのはご存知のとおり)は、時間の制約がない。クルマだとずっと道路に停まってはいられないけれど、ヨットは好きなだけ海のうえで過ごすことが出来る。

それに大人数で乗っていられるのもヨットの魅力だ。毎年秋の終わり(2019年は10月30日から11月3日)に、マイアミから30マイルほど北上したフォートローダデールで開催されるインターナショナル・ボートショーの豪華けんらんな内容を観れば、ヨットは富裕層に深く愛される乗り物であることがわかる。

クルマにとどまらない挑戦の象徴

LEXUSがヨットの世界についに進出し、2019年9月に、フォートローダデールからさらに17マイルほど北へと上がったボカラトンで、65フィート級のラグジュリーヨット「LY650」を報道陣にお披露目してくれた。

本記事はLEON.JPの提供記事です

日本だとクルーザーといえばせいぜい40フィートととらえられているふしがある。しかし国際的なスタンダード(富裕層が好むサイズ)はLEXUSが選んだ65フィートだ。

クルマの世界でここまで本格的にヨットを手がけたメーカーはこれまで皆無といっていいだろう。フェラーリやランボルギーニはパワーボートにエンジンを提供しているだけだ。

次ページLEXUSがこだわったスタイリング
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT