悟空のきもち「51万人予約待ち」強烈人気の裏側

社員は女性だけ、連絡は全てLINEでオーケー

8月13日にグランドオープンした「悟空のきもち」銀座店。巨大な大仏の顔が出迎えるエントランスはまるでベトナムのテーマパークのようだ(編集部撮影)

ラテン語で「唯一の」を語源とするユニークという表現があるが、今回ご紹介するのはまさにユニークを地でいく企業。向こう3カ月は予約で埋まり、キャンセル待ち51万人、日本一予約のとれないドライヘッドスパ専門店「悟空のきもち」だ。

10分で寝落ちする「絶頂睡眠」が売り

施術を受けた大半の人がすぐに「寝落ち」する「絶頂睡眠」が売りで、京都、原宿、銀座、心斎橋のほかニューヨークに店舗を展開。2019年8月13日には銀座店を4倍の広さに拡張し、グランドオープンした。

新店のコンセプトは「死後の眠りからの生還」。施術時の深い眠りと、目覚めの爽快感を臨死体験にたとえ、あの世への旅ができるアトラクション施設に見立てた店舗とした。内装装飾品の遅れから、偶然オープンがお盆初日と重なったなど、アクシデントも話題にしてしまうところに、おおらかな企業風土が見て取れる。

社長の金田淳美氏。男性社会の縦型組織を否定し、女性だけの完全フラットな運営を志している。現在はニューヨーク店を拠点に活動(編集部撮影)

それまで存在しなかった、頭のもみほぐしというジャンルをゼロから開拓したのが運営会社であるゴールデンフィールド社長の、金田淳美氏。会計士だった彼女はひどい頭痛と、「仕事中に眠くなる」「眠っても疲れがとれない」という不調に長年悩んでいた。

「マッサージをはじめ何をしても改善しなかったので、頭痛とは一生の付き合いだと諦めていました。そんなある日突然、『頭をほぐしたらいいのでは?』とひらめいたんです」(ゴールデンフィールド社長の金田淳美氏)

行き詰まりを感じていた会社を思い切って辞め、起業に踏み切った。ビジネスとして成り立たせるためには、当時の相場である60分6000円で、頭のケアだけでボディーケアに勝てるものでなければならない。

次ページもみほぐしを行うサービスを片っ端から受けた
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。