帝国ホテル、激戦区・京都で新ホテル開業の賭け

2021年に1.2万室が供給過剰でも勝算は?

帝国ホテルは京都市祇園町に建つ登録有形文化財「弥栄会館」を改装し、ホテルを建築する見込みだ(写真:PIXTA)

日系高級ホテルのトップの1つ、帝国ホテルが京都で新規開業を計画していることが明らかになった。10月9日に京都市内で会見を行い、概要を明らかにする予定だ。

会社側は「現時点で決定した事実はない」としているが、京都市祇園町に建つ国の登録有形文化財「弥栄(やさか)会館」を改装し、ホテルにするとみられる。

新ホテルのブランド名は明らかにされていないが、仮に「帝国ホテル」ブランドの開業となれば、1996年の大阪以来、4つ目となる。

帝国ホテルの拡大志向は弱かった

帝国ホテルは現在、東京・日比谷の「帝国ホテル 東京」(通称、本館)と大阪市内にある「帝国ホテル 大阪」、「上高地帝国ホテル」(長野・上高地)を展開。ほかにも子会社で「ザ・クレストホテル柏」と「ホテルグランドアーク半蔵門」、「全国町村会館」を運営している。

このうち、東京の本館は年間売上高が400億円を超え、グループ売上高の約7割を占めている。業界内ではホテルオークラが100軒体制を目指して国内外で新規ホテル開発を進めているのに対し、帝国ホテルの拡大志向は薄いとされていた。

しかし、新規案件に慎重とされた帝国ホテルを動かすだけの需要が京都にはあるのだ。

次ページ世界観光都市トップ10入り続きの京都
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT