貯金していても「お金の奴隷」にはならない方法

「コツコツ節約」だけでは幸せにはなれない

こんなに節約しているのに家計が苦しい、老後資金も増えない……という人は発想を変えてみませんか。自由なお金の使い方をしながら、必要貯蓄額を実現する方法がある(写真:msv/PIXTA)

無理な節約は、ストレスがたまる割に効果は小さいものです。私は「食費はいくら、交際費はいくら……」などと細かく設定して節約する方法は合理的ではないと、かねがね思っていました。

なぜなら、仕事が忙しいときに外食が多くなったり、タクシーを使って交通費がかさんだりするのは必然だからです。お金は単なる交換手段なので、便利さと交換していると思えば、外食に使うのもタクシーを使うのも合理的です。

しかし、会社員の田宮美希さん(仮名・34歳)は、「今月は外食が多くて、食費が大幅に予算をオーバーしてしまった。こんな調子だからなかなか貯蓄ができないんです……」と、困り顔で相談に来られました。私は「発想の転換をしましょう」と伝えました。

「じゃあ、どうすればいいの?」ということですが、今回、私がお伝えしたいのは「貯蓄分を除いた、毎月自由に使えるお金」を把握し、やり繰りしていく考え方です。結果的に、老後に必要な貯蓄額も実現する(手元に残る)ことになるのです。

必要貯蓄額をはじき出し、「先取り貯金」する

まず考えることは「先取り貯金」です。「え、なーんだ」と思った人も多いでしょう。そうですね。先取り貯金は、多くのファイナンシャルプランナーが提唱していますので、ご存じの方も多いと思います。でも、「毎月自由に使えるお金」でのやり繰りを考えるとき、必要貯蓄額をはじき出したうえで「先取り貯金」の金額を求め、そこから順番に考えていくことが大事です。

次ページ6つの数字を公式に当てはめて、必要貯蓄額を算出
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT