部下をダメにする上司ほど「秘密主義」通す理由

無駄な隠し事は「部下のヤル気」を削ぐだけ

すると、前年のような不満を感じるスタッフは一切いなく、全員が高い意識でイベントに取り組んでくれました。そして、くだんの女性スタッフも「一緒に仕事ができてよかった」と言ってくれました。

スタッフの意識が低かったのは、情報共有不足によるものだったのです。

上司は情報を「隠したがる」生き物

情報を渡せばいいだけのことですから、簡単にできそうなものです。
しかし、それがなかなかできません。

なぜなら、上司は情報を「隠したがる」生き物だからです。

情報を全部与えると、「変に誤解して受け取り、モチベーションが下がるんじゃないか」「社外秘の情報を外部に漏らすんじゃないか」と、部下を信用していなかったり、「この情報を与えても理解できないだろう」と見くびったり、そもそも伝えるべき情報を、時間がないからという理由で、「そのくらい伝えなくても、わかっていてほしい」と淡い期待に甘えて伝えようとしないのです。

要するに、情報格差を埋めるのは、上司にとって面倒なことなのです。
もっともらしい理由をつけたところで、都合よく「意識高くやってほしい」と願っているだけで、情報を埋める労力を惜しんでいることに変わりはありません。

これでは、「上司が情報を隠したがっている」と言われても致し方ないことです。

あなたも、なんだかんだと言い訳をして、情報を部下に与えていないのではないでしょうか。

上司が情報を隠すという行為は、品のない言い方をすれば、「部下は情報を伝えてもわからないバカ」で、情報を間違って解釈したり、社外秘の情報を漏らしたり悪用したりする「信用ならない存在」だというメッセージを与えることになります。

信用されていないと感じた部下は、意識高く仕事をしようとは思わないでしょう。

上司は上司で、部下の意識の低さを理由に情報を与えようとせず、隠してしまいます。

ここで、大きな悪循環が起こってしまうのです。

大事なのは、「情報格差」をなくすことです。

部下の意識を変えるには、まず上司が情報格差に気付き、情報格差を埋める。

間違っても「意識を変えること」を目標にしてはいけません。

肝に銘じておきましょう。

アルファポリスビジネスの関連記事
上司の最大の罪は、部下の「やる気」を疑うこと。できない部下でも「やる気」はある!
「部下に責任感があれば…」と嘆く人ほど、「部下の責任感」を奪っている!
「仕事を任せられない人」は「今月思考」から脱却せよ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。