日高屋・幸楽苑「5分でわかる」ライバル企業比較

スライドでわかる両社の明暗と戦略の違い

中華そばチェーンの大手「日高屋」を運営するハイデイ日高と「幸楽苑」を運営する幸楽苑ホールディングス。

幸楽苑は昭和29年、日高屋は昭和48年創業

幸楽苑の黄色い看板には、「昭和二十九年創業」と記されている。1954(昭和29)年、福島県会津若松市に開店した「味よし食堂」が起点だ。その後、株式会社幸楽苑に改組し、看板商品の「中華そば」(ラーメン)とギョーザを核に店舗網を拡大してきた。

一方、幸楽苑の創業から約20年後、1973(昭和48)年に埼玉・大宮で中華料理「来来軒」として発祥したのが、ハイデイ日高。現在は主力業態「中華食堂 日高屋」を軸として、首都圏を中心に展開する。日高屋の看板には、幸楽苑と同じ「中華そば」の文言がある。

両社の決算資料を読み解くことで見えてくる戦略の違いを、5分でわかるスライドで解説する。なお、外部配信先で当記事をお読みいただいているう場合、スライドを全部閲覧できない場合があるので、その際は東洋経済オンライン内でお読みいただきたい。

 

 

10年で店舗を4割以上増やした日高屋

 

次ページちょい飲みニーズを取り込んで成長した日高屋
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。