日高屋・幸楽苑「5分でわかる」ライバル企業比較

スライドでわかる両社の明暗と戦略の違い

中華そばチェーンの大手「日高屋」を運営するハイデイ日高と「幸楽苑」を運営する幸楽苑ホールディングス。

幸楽苑は昭和29年、日高屋は昭和48年創業

幸楽苑の黄色い看板には、「昭和二十九年創業」と記されている。1954(昭和29)年、福島県会津若松市に開店した「味よし食堂」が起点だ。その後、株式会社幸楽苑に改組し、看板商品の「中華そば」(ラーメン)とギョーザを核に店舗網を拡大してきた。

一方、幸楽苑の創業から約20年後、1973(昭和48)年に埼玉・大宮で中華料理「来来軒」として発祥したのが、ハイデイ日高。現在は主力業態「中華食堂 日高屋」を軸として、首都圏を中心に展開する。日高屋の看板には、幸楽苑と同じ「中華そば」の文言がある。

両社の決算資料を読み解くことで見えてくる戦略の違いを、5分でわかるスライドで解説する。なお、外部配信先で当記事をお読みいただいているう場合、スライドを全部閲覧できない場合があるので、その際は東洋経済オンライン内でお読みいただきたい。

 

 

10年で店舗を4割以上増やした日高屋

 

次ページちょい飲みニーズを取り込んで成長した日高屋
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT